片頭痛を改善するための13のヒント

アメリカの片頭痛研究財団によると、片頭痛は世界で最も一般的な症状の1つで、

アメリカ人の約12パーセントの人々が片頭痛に苦しんでいると推定しています。

片頭痛は単に重度の頭痛はありません。片頭痛は以下のような他の症状がみられます

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 手足の刺痛やしびれ
  • 視覚的な変化
  • 音、光、または匂いに対する感度

片頭痛は、人々を衰弱させることがあり、日常生活に影響を与える可能性があり慢性的になる場合があります。

片頭痛の治療や予防にはさまざまな薬が使用されています。しかし、自然療法で改善される場合もあります。

片頭痛のための自然療法

1.指圧

mig

指圧治療は、片頭痛の症状を緩和するのに役立ちます。

体の特定の部分刺激することで、筋肉の緊張を解放し、痛みを緩和するができると考えられています。

2012年の研究では、前兆のない偏頭痛を持っていた40人で実験を行いました。ツボを刺激することで、片頭痛の症状の軽減、片頭痛に伴う嘔吐を軽減するのに有効であることがわかりました。

2.食生活の変化

片頭痛に気づいた多くの人々が、特定の飲食物がそれらを引き起こす可能性があることに気付きました。

片頭痛の一般的トリガーは次のとおりです。

  • 加工食品
  • 赤ワイン
  • アルコール
  • チョコレート
  • カフェイン飲料

何が片頭痛を引き起こしているかを知ることが、非常に重要です。

片頭痛の原因を避けるために食事や食生活を変えると、将来的に片頭痛を予防するのに役立ちます。特に慢性化している方は、原因を知ることが非常に重要です。

3.エッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルは、自家製の掃除製品で抗菌剤として使用されることがよくあります。

ラベンダーは、しばしばストレス、不安、頭痛の治療薬として推奨されるエッセンシャルオイルです。アメリカの医療情報紙European Neurologyに掲載された研究では、ラベンダーオイルの吸入が片頭痛の重症度を軽減するのに役立つことが分かりました。

4.ジンジャー

100人の参加者を用いた2014年の研究では、ジンジャーパウダーと一般的な片頭痛薬であるスマトリプタンの有効性を比較しまし、

研究者らは、ジンジャーの有効性が統計学的にスマトリプタンに匹敵することを見出しました。

生姜を使用すると薬の使用による副作用がないことが非常にメリットです。

GABAN ジンジャーパウダー 60g

新品価格
¥648から
(2018/9/7 18:41時点)

5.ストレス管理

ストレスは片頭痛の一般的な引き金です。ストレスは、片頭痛の痛みがストレスを悪化させ、別の片頭痛を引き起こすサイクルを作り出すこともあります。

温泉、運動、瞑想などのストレスのアウトプットを見つけることは、将来の片頭痛を予防するのに役立ちます。

積極的な行動を行うことで、身体の反応のテストを行うことが非常に大事です。

6.ヨガまたはストレッチ

yogaは、血流を改善し筋肉の緊張を緩和し、片頭痛を患っている人の症状を和らげるのに役立つと考えられています。

2014年の研究では定期的なヨガの練習を従来の片頭痛の薬物療法と比較しました。

研究者らは、ヨガプログラムに参加したグループが、薬物両方よりも、片頭痛の症状が軽減していることを発見しました。

7.バイオフィードバック療法

バイオフィードバックは、人が緊張した筋肉の解放と緩和を引き起こすために使用する療法です。バイオフィードバックは、練習とトレーニングを必要とします。筋肉に配置されたセンサーは、筋肉の緊張に関するリアルタイムのフィードバックを与える小さな機械に送り込まれ、ユーザーは狭い部分をより良く解放することができます。

肩の額、顎線、または台足筋に沿ってセンサを配置すると、片頭痛の原因となる筋肉を標的にすることができます。

瞑想・バイオフィードバック

8.鍼治療

研究者らは、片頭痛のある人にとっては鍼治療が効果的な選択肢であることを発見しましたが、他の要因も影響している可能性があると指摘しました。

片頭痛のために鍼灸を使用することに興味がある人は、認可された開業医を必ず見つけて治療を受けるべきです。

9.マッサージ

首や肩の筋肉をマッサージすると、緊張を和らげ、片頭痛を和らげることができます。マッサージもストレスを軽減する可能性があります。

10.マグネシウム

不可欠な鉱物であるマグネシウムの欠乏は、片頭痛または月経 – 片頭痛の原因となることがあります。

マグネシウムの補給は、個人の偏頭痛の頻度を減らすのに役立つ可能性があることが発見されています。

ディアナチュラ カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD 180粒 (30日分)

新品価格
¥547から
(2018/9/7 18:44時点)

11.ビタミンB

ビタミン B 群は、片頭痛の頻度や重症度に影響を与える可能性があります。ビタミンB群は脳内の神経伝達物質を調節する役割を果たします。

Bビタミンは水溶性であり、過剰レベルは尿中に排泄され、体内に蓄積されませんので、1日の摂取量を守ることが重要です。

ディアナチュラ ビタミンB群 60粒 (60日分)

新品価格
¥370から
(2018/9/7 18:49時点)

12.水分をこまめに取る

十分な水分を取らないことは、よく知られている片頭痛のトリガーであり、

脱水を避け、毎日こまめに水分を取ることが重要です。重度の脱水症状を抱える人は、最初は、失われた電解質を補うために、経口補液を必要とするかもしれません。

経口補水液 OS-1 オーエスワン 500ml × 12本

新品価格
¥2,975から
(2018/9/7 18:50時点)

13.休憩

睡眠不足と睡眠過多は片頭痛の原因となります。

毎晩7〜9時間の快適な睡眠をとることで、ストレスを軽減し、片頭痛を予防することができます。

※自然治癒を試みていても、片頭痛の完治は難しいため、医師や片頭痛の専門家と協力する必要があります。


 

参考文献

https://www.medicalnewstoday.com/articles/322814.php

広告


カテゴリー:ヒーリング, 頭痛

タグ:, , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。