生牡蠣とノロウイルスの関係




米国の保健当局によれば 、カナダの生カキはノロウイルスの流行に繋がっており、200人以上が病気になっているといいます。

火曜日(5月1日)に、カリフォルニア州公衆衛生局(CDPH)は、ブリティッシュコロンビア州からの生の牡蠣を食べないように消費者に警告しました。これは流行に関係しています。今のところ、カリフォルニアで約100人、カナダで172人が発症しているという。

しかし、ノロウイルスはどのように牡蠣に入っているのでしょうか?

ノロウイルスがカキにどのように伝わってくるのかですが、ワシントン州保健局によると、海洋貝が「未処理の人間の下水(糞)と嘔吐物」にさらされたときに起こる可能性があります。
下水は、漏出した腐敗系、排水処理場の不具合、海をトイレに使用する人など、さまざまな方法で海洋に侵入する可能性があります。

貝が食べ物を得るために体内の海水をろ過するので、水中にあるノロウイルスの粒子が貝に蓄積する可能性があると、ワシントン州保健省は述べました。

汚れた海や不衛生な、下水が海岸の近くにある場合はより注意が必要です。

CDPHは、ノロウイルスを防ぐために、少なくとも華氏145度(63度)の内部温度に達するまで調理することを推奨しています。

 

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。