夜中に足をつる原因



米国の大人の60%が夜間に痛みを伴う足のけいれんを起こした事があると、最近の調査でわかっています。

アルバート大学の家族医学部のディレクター、スコット・ギャリソン博士は、

あなたが眠っているときのように、座っている、または横になっている時に、神経機能不全を引き起こす可能性があると述べています。そしてそれは夏場の暑い時期に起こる場合が多いようです。

原因は、あなたが夏に日光を多く浴びることにりビタミンDのレベルが高くなったことが原因であると博士は言います。

その栄養素は、筋肉線維の成長と修復を調節する役割を担っています。

しかし、大きく成長と修復をすると、あなたの筋肉に負担がかかるようです。

ギャリソン博士は、夜間の脚のけいれんは年を取るにつれてより一般的になり、痛みを伴い痙攣を引き起こすかもしれないと推測しています。

幸いにも、痙攣は通常無害です。しかしまれに、ルーゲーリック病として知られている筋萎縮性側索硬化症(ALS)のような電解質不均衡や神経筋障害のサインが考えられます。

真夜中に痙攣が起こった場合は、ストレッチをし痛みを和らげましょう

また1分間ほど歩き、筋肉の緊張を和らげましょう。

 

こむら返り・足のけいれんに温度調整素材「アウトラスト」使用のふくらはぎ用 ミーテ・おまかせ保温レギュラー(ベージュ)

新品価格
¥3,240から
(2018/4/27 12:45時点)

広告


カテゴリー:ビタミンの効能、副作用, 健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。