お酒と月経前症候群(PMS)の関係



アルコールは、女性の月経前症候群(PMS)を増加させる可能性があると、スペインの研究者からの新しい発表がありました。

PMSは、女性の期間の約1〜2週間前から始まる一連の症状です。

症状には気分の乱れ、食欲異常、疲労、過敏症、うつ病などがあります。レビューによると、米国の女性の20〜40%が中程度のPMS症状を経験し、3〜8%が重度の症状を経験すると推定されています。

いくつかの研究では、PMSの症状はアルコールを飲む女性の間でより重症になる傾向があることが判明したが、これはアルコール自体によるものか、PMS症状を対処するために飲む女性がいるかどうかは不明です。

スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学(University of Santiago de Compostela)の研究者らには、8カ国の過去19回の研究からの情報を分析し、合計47,000人以上の参加者を集めました。

研究者たちは、飲酒がPMSのリスクが45パーセント増加させ、それに連動していることが分かりました。大量に飲酒する事により PMSのリスクが79パーセント増加したと発表しています。

 

 

PMSの悩みがスッキリ楽になる本: イライラ、ケンカ、涙、頭痛、むくみ、月経前症候群の対処法を知れば、恋愛、結婚、仕事がうまくいく!

中古価格
¥289から
(2018/4/26 17:40時点)

 

サトウチェストツリー 140粒

新品価格
¥1,600から
(2018/4/26 17:48時点)

広告


カテゴリー:PMS

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。