アルコールがにきびに与える影響



アルコールとニキビの関係については、現在、限られた研究しかありません。

しかし、いくつかの研究は、アルコールは、にきびの増加する有病率と関連している可能性があることが報告されています。

KwaZulu-Natal大学の皮膚科医のNerissa Moodley博士は、これらの研究は決定的なものではないと報告しています。

アルコールがにきびを悪化させるいくつかの原因があります。

Moodley博士は次のように説明しています。

1.ホルモンレベルの変化

アルコール消費はテストステロンとエストロゲンレベルを増加させる可能性があります。ホルモンレベルが上昇すると、あなたの皮脂腺が毛穴を詰まらせ、にきびを引き起こす皮脂を多く生成する可能性があります。

2. 細菌増殖

研究によると、アクネ(毛嚢脂腺に存在し、炎症反応につながる細菌)はアルコールを代謝し、にきびが発生しやすい皮膚に影響する可能性があります。

3. 炎症

アルコール消費は炎症を引き起こす可能性があり、サイトカイン(これらは細菌などの体内に侵入する有害物質と戦うために免疫細胞にメッセージを送ります)のレベルが上がると、がにきびを発症しやすくなる可能性があります。

アルコール以外ににきびの原因となる要因

ホルモンの影響

あなたのホルモンは皮膚の皮脂腺を通して皮脂を産生します。

「皮脂産生を増加させる主なホルモンはジヒドロテストステロン(DHT)で、これは酵素5アルファ還元酵素によって皮脂腺のテストステロンから変換されます」とMoodley博士は説明ししています。※DHTはテストステロンよりも強力なアンドロゲン

皮脂産生が増加すると、皮脂およびケラチン物質が毛包に集まる。これは、濾胞の部分的な閉塞を引き起こし、結果として、座瘡の主要な病変であるコメドの形成を引き起こす可能性があります。皮脂はまた、クチバクテリウム・アクネスの増殖培地を提供します。

ダイエットとニキビ

Moodley博士は、にきびに影響を与える食事の役割は進化しつつあるコンセプトだと言います。「最近の研究では、乳製品とにきびの関連が示唆されています。乳製品は炭水化物を含み、IGF-1の増加したレベルを刺激する食餌誘発性高インスリン血症およびアンドロゲンを介してにきびの重篤度を増加させると述べています。スキムミルクと全乳も関係しています。

あなたが食べ物やアルコールでにきびを引き起こしていることを心配しているなら、Moodley博士はそれを食生活から排除し、状況でごとにどうなるか監視することを提案しています。

DHC ビタミンBミックス 60日分 120粒

新品価格
¥354から
(2018/4/24 11:10時点)

 

広告


カテゴリー:ニキビ, 美容

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。