小食は寿命を延ばす可能性があります。

カロリーを減らすことで、加齢関連疾患のリスクを減らすことができ、より長生きするのに役立つかもしれないという最新の新しい研究結果があります。

2年間、毎日のカロリーを15%削減した人々は、定期的な食事をしていた人々と比較して、2つの有益な効果を経験しました。

彼らは身体がより効率的にエネルギーを使用していたという代謝細胞に損傷を与える可能性のあるプロセス(抗酸化ストレス)が軽減していたのです。

細胞代謝誌のジャーナル(3月22日)に発表されたこの研究によれば 、より遅い代謝および減少した酸化ストレスの両方が、糖尿病および癌などの加齢関連疾患のリスクの低下と関連しているようで、研究者は、これが遅い代謝がより少ない酸化ストレスにつながり、体内の細胞および器官に対する損傷を少なくするためであると考えています。

「カロリーを制限することで慢性疾患のリスクを低下させ、人生を延ばすのに役立つかもしれない」とPennyton副学長のLeanne Redmanルイジアナ州立大学のバイオメディカルリサーチセンターは声明を発表しています。

それでも、この研究はわずか2年しか行われていないので、カロリー制限が実際に加齢関連疾患のリスクを低下させるか、より長い寿命をもたらすかどうかははっきりと言えません。これを決定するためには、長期間続く研究が必要です。

新しい研究では、21歳から50歳までの健康な非肥満男性53名に対して、カロリー制限の効果を調べた。

2年後、体重が約20ポンド減少しました。(9キログラム)

また、貧血、過剰骨量の減少、女性の間での月経障害を発症しませんでした。さらに、彼らは実際に気分や生活の質の改善をもたらしたと研究者らは指摘します。

セントルイスのワシントン大学医学部のルイジ・フォンタナ博士は、この研究を「非常に素晴らしい研究」と呼び、その結果がカロリー制限がヒトの代謝率を低下させることを確認したと述べました。

米国では、70%の人々が太りすぎたり肥満している」と、肥満は心臓病や2型糖尿病を含む多くの病気に結びついているといいます。肥満の率を下げる唯一の方法は、カロリー制限と運動です。

 

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。