コーヒーになぜ発がんの危険があるのか?真実は?



ロサンゼルスの裁判所は、カリフォルニア州のコーヒー会社は、コーヒーを販売する際に警告ラベルを貼らなければならないと裁定しています。

この決定を引き起こしたのは何か、コーヒーを飲むと本当に癌を発症する危険性が増すのでしょうか?

焙煎コーヒー豆には、既知の発癌物質、アクリルアミドと呼ばれる化学物質が含まれています。しかし、コーヒー中のアクリルアミド濃度が人間に健康リスクをもたらすほど高いかどうかまだ確実な研究結果はありません。

アクリルアミドは、コーヒー豆、フレンチフライ、ポテトチップス、朝食用シリアル、トーストなど、過度に調理されたまたは焙煎されたでんぷん食物に含まれます。タバコの煙でも見られます。

摂取したアクリルアミドがDNAの突然変異や損傷を引き起こし、マウスの研究によると癌のリスクを高める可能性があるという証拠に基づいています。しかし、これらの研究は、マウスを食物中の中に含まれる可能性のあるレベルよりも1,000〜10,000倍高いアクリルアミド濃度にした場合であるとamaerican cancer sociertyは報告しています。

※参考文献
https://www.cancer.org/cancer/cancer-causes/acrylamide.htmlより

これらの動物研究の結果は、世界保健機構の一員である国際癌研究所(IARC)が、1994年にアクリルアミドを「発癌の可能性がある物質」と分類しました。

しかし、National Cancer Institute  (NCI)によると他の研究では全く検出されていないとのことで 、アクリルアミドの消費量を定量化することは難しいため、異なる結果が生じる可能性があり、さらに、マウスとヒトでは、異なる速度でアクリルアミドを吸収および代謝すると、NCIが報告しています。

上級裁判所のElihu Berle判決によると、10人以上の従業員を持つコーヒー会社はコーヒーに警告ラベルを貼る必要があり、ワシントポスト紙によれば、コーヒーを飲むと、がんリスクが発生する可能性があることを警告しています。

一方、多くの研究で、コーヒーを飲むことが実際に有益であるかもしれないことを示しています。例えば、コーヒーを飲むと肝臓癌、  子宮内膜がん、  大腸癌 、および コーヒーを飲むことは長寿にもつながると発表しています。

今回の件で販売業者は上訴できるが、判決が確定すれば、カリフォルニア州でコーヒーを販売する場合、発がん性表示が義務付けられます。

広告


カテゴリー:ヒーリング

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。