ピョンチャンオリンピックの寒さが選手に与える影響と対策

chloe-kim-at-pyeongchang-2018-winter-olympic-games-at-phoenix-snow-park-02-13-2018-5



2018年のピョンチャンオリンピック大会の 選手たちは、時に-10度以下になる寒い気温の中で競技を行っています。

寒い気温の中では、選手が準備ができていないとパフォーマンスが低下する可能性があり、身体にも影響があると専門家は言います。

まず体が冷えているときは、体の表面に近い血管が狭くなったり、収縮したりして、体は身体の中心に血液を向けます。

コロラド州スティームボートスプリングスのUCHealth SportsMed Clinicの理学療法士で整形外科の専門家David Grinnell氏は、

「血管収縮」は酸素レベルを低下させ、心臓を循環させて血液を循環させることを強いると述べ、これは「心臓に余分な負担をかけ、血圧を上昇させる可能性がある」と続けました。

さらに、寒い天気は次のような影響を引き起こす可能性があるとグリンネル氏は述べています。

脳から筋肉へのシグナルが遅くなり、反応時間や一般的なパフォーマンスに影響を与える可能性がある。

筋肉繊維の収縮能力を低下させることができる。

アスリートの主なエネルギー源である 身体の炭水化物が、より早く排泄される可能性がある。

体温が37℃(98.6°F)を下回ると、血液中の酸素がタンパク質ヘモグロビンとより強く結合し、酸素が筋肉細胞に伝達されにくくなる。

肺や上の呼吸器系は冷たい空気を加熱するために一層負担がかかる。
オハイオ州立大学Wexner Medical Centerのスポーツ医学の専門家および整形外科医であるTimothy Miller博士は、関節と筋肉の腱はより寒いところでより硬くなると付け加えました。

アスリートが適切にウォームアップしないと、パフォーマンスが低下し、けがの危険性が増します。
寒さの影響を緩和する1つの方法は、ウォームアップを長くすることです。アスリートの競争がほんの数分であっても、スタート前に少なくとも1時間はウォーミングアップが必要であると専門家は述べています。

寒さから身を守る一つの方法は、正しい衣類を着ることです。綿の衣類は、体から熱を奪うのを防ぎます。

ピョンチャンで暖かく過ごすために、 USAチームは、電気毛布のような働きをする熱伝導バッテリー駆動のパーカを装着しているようです。さらに、アメリカのボブスレーチームのスーツには、身体の熱を吸収して保持するのに役立つ新しいファブリック技術が含まれていると、Scientific Americanは報告しています。

寒さに対処は、口と鼻を覆う顔面マスクを着用することです。これは呼吸する空気を暖かくします。そのため、肺は暖かく働く必要はありません。

もう1つの重要なことは、たとえ寒いときでも、水分とることです。寒い中でも身体は水分を失っており、パフォーマンスの低下につながります。

Unilove 電熱ベストUSB加熱 防寒チョッキジャケット 登山 釣り 水洗いでき ジャケット (ブラック, M)

新品価格
¥5,450から
(2018/2/15 14:00時点)

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。