ヨガはメタボリックシンドロームを改善するのか?



新しい研究では、ヨガがメタボリックシンドロームの人々にどのように影響するかを中心に調査しています。
定期的にヨガを実践することで、心臓の健康に関する驚くべき事実が明らかになっています。

例えば、ヨガ脳の健康や認知を高め、甲状腺の問題を改善し、うつ病の症状を緩和することを示唆している研究もあります。

ヨガの練習は、男性が前立腺を拡大したり、EDを克服したり、糖尿病患者の症状を管理するのに役立つことも示唆されています。

しかし、まだこれらの発見の根底にあるメカニズムを調べた研究はほとんどありませんでした。

しかし、スカンジナビアのスポーツ医学・科学誌に掲載され、中国の香港大学のパルコ ・ム・シュウ博士が率いるチームが行った新しい研究では、心代謝の健康に対するヨガの影響を調べました。

その結果、メタボリックシンドロームの人々に有益であることが判明したばかりでなく、そのメリットの背後にあるメカニズムも明らかになりました。

ヨガは炎症反応を減少させる

メタボリックシンドロームは、2型糖尿病および心疾患に大きく関連する状態です。米国では成人人口の約34%がこの状態に陥っていると推定されています。

シュウ博士と彼の同僚は以前、1年間ヨガを受けた人々の血圧が低いことを発見しまし、メタボリックシンドロームを患う人々の1年間のヨガの効果を調べたいと考えたのです。

ヨガグループの参加者は、ヨガセッション3回を1週間のヨガトレーニングプログラムとして行いました。

科学者らはまた、脂肪組織によって放出されるアディポカインまたはシグナリングタンパク質について患者の血清をモニターし、免疫系に炎症応答または抗炎症応答のいずれかを放出するように指示しました。

シュウ博士は「メタボリックシンドロームと高血圧の成人において、1年間のヨガトレーニングが炎症促進性アディポカインを減少させ、抗炎症性アディポカインを増加させることが実証された」と述べました。

研究の結果は、ヨガが炎症を軽減し、メタボリックシンドロームを患う人々がその症状を管理するのを助ける、価値ある生活習慣の介入であることを示唆しています。

シウ博士はまた、この研究の結果について、「これらの発見は、人の健康への定期的な運動の重要性を支える、長期のヨガの運動に対するアディポカインの反応を明らかにするのに役立つ」とコメントしています。

広告


カテゴリー:ヨガと瞑想

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。