砂糖が与えるメンタルへの悪影響



砂糖は私たちの食生活のすべての部分にまで浸透しており、研究者は脳の健康への影響を理解し始めています。

ストレスの多い一日の後、気分が落ち込んだ時、

風呂上がりコーラやアイスクリームなどをつい口にしてしまいます。

最近の研究では砂糖と精神的健康の関係の研究が進んでいます。

米国サイエンティフィック・レポート誌に掲載された研究では、

食事中に多量の砂糖を消費した男性のうつ病のリスクが高いことを明らかにしました。

どうして砂糖は私たちの脳に影響を及ぼすのでしょうか?

ダイエットとメンタルヘルスが結びついている
2002年には、ダラスのテキサス南西部医療センターによって出版された書籍では、 -大うつ病と砂糖摂取の関係を述べています。

研究チームが精神的健康に及ぼす食事の影響を調査しました、例えば、ハンバーガー、ピザ、揚げ物などの加工食品やファーストフードの摂取は、うつ病の発症率が高いことがわかっています。

同様に、砂糖を摂取する女性の高齢者は、砂糖を摂取していない人よりもうつ病の割合が高いことがわかっています。

砂糖を加えたソフトドリンクは人気が高まっており、現在世界中で消費されています。

しかし、伝統的に無糖茶を飲んでいる中国の成人の研究では、ソフトドリンクを飲んだ人はうつ病の割合が高いことが示されています。

砂糖の科学
糖は単純な炭水化物分子である。細胞や臓器の機能には欠かせませんが、私たちの体は複雑な炭水化物分子を単糖に分解する高度な機構を持っています。

米国心臓協会(AHA)では「私たちの体が正常に機能するには、砂糖を必要としない。」と述べています。

砂糖とニューロン

オーストラリアのニューサウスウェールズ州のUnversityの医学校で、マーガレットモリス博士によって行われた研究では、砂糖はニューロンなど、他の脳内神経細胞などに炎症を起こし、認知症、子供の認知機能に影響を及ぼすことがわかっています。

今日の私たちの生活の中で、砂糖を全てカットするのは非常に困難かも知れませんが、原材料表示などを確認するなど、これらの悪影響を踏まえできるだけ摂取を避けるようにするべきです。



広告


カテゴリー:食べ物の秘密

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。