ヨガと腰痛の関係



腰痛は米国の何百万人もの人々に影響を及ぼし、痛みは慢性的になり、日常の仕事を遂行することができなくなってしまいます。
ヨガはこの状態を治療するのに役立つでしょうか?。

Cochraneの研究者たちは、ヨガは体全体の機能を改善し、最初の6〜12ヶ月で腰痛を軽減する可能性があることを見出しました。

まだまだ研究は必要ですがヨガが、運動なしの対照グループと比較して、背中関連の機能を改善すると報告されています。

害の面では、ヨガは参加者の5%の背中の痛みを悪化させることが判明しましたが、重大な副作用は伴いませんでした。

著者らは、ヨガの長期的な健康影響を評価するために、より長い追跡調査期間を必要とする大規模な研究が必要であると述べています。

私達の調査結果は、ヨガの練習は、少量で腰痛の症状を軽減につながることが示唆されていますが

Susan Wieland、執筆者



慢性非特異的腰痛に対するヨガ治療、L. Susan Wielandら、Cochrane Database of Systematic Reviews、doi:10.1002 / 14651858.CD010671.pub2、2017年1月11日にオンラインで公開。
Wileyのニュースリリース、2017年1月11日、EurekAlert経由でアクセス。
その他の情報源:
子宮頸部神経根症:疫学、病因、診断、および治療、BI Woods BIおよびAS Hilibrand、Journal of Spinal Disorders and Techniques、10.1097 / BSD.0000000000000284、2015年6月28日オンライン出版、要約
米国における腰痛:緊急時の徴候の発生率とリスク要因、Brian R. Waterman et al。、The Spinal Journal、doi:http://dx.doi.org/10.1016/j.spinee.2011.09 .002、2012年1月オンライン出版、要約

 

広告


カテゴリー:ヨガと瞑想

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。