長時間座ることは、死亡リスクを高めます



 

長時間の座りの健康への影響は、肥満、心臓病、さらには早過ぎる死のリスクを高めることがわかっています。新しい研究では、毎日3時間以上座っていることが、54カ国以上で全死因の約3.8%を占めることが明らかになりました。

しかし、それはすべての悪いニュースではない。この研究では、座席時間を1日3時間未満に減らすことで平均余命を伸ばすことができることが分かりました。

これらの研究はブラジルのサンパウロ大学医学部の予防医学部門のリード研究者、リーランド・レゼンゼー(Leandro Rezende)および同僚は、アメリカ予防医学ジャーナル(American Journal of Preventive Medicine)に発表しました

身体活動の状態に関わらず、長時間の座りが心臓病、糖尿病、癌、および早死のリスクを高める可能性があるとの報告を発表しました。

さらに最近の研究によると、長時間座っていると、心臓病患者の場合、活動していても、健康が悪化する可能性がわかっています。

広告


カテゴリー:健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。