運動が心臓病リスクを抑える




スウェーデンのストックホルムにあるKarolinska Institutetの新しい研究では、
座って過ごした時間を軽度の身体活動に置き換えることは、これまで考えられていた以上に健康に有益な可能性があることを示唆しています。
毎日運動をするだけで大​​きな利益が得られることが示されています。

ジャーナルClinical Epidemiologyの著者は、毎日30分だけ座って家事、歩行、立位などの低強度活動に置き換えることが、心臓血管疾患による死亡のリスクを24%低下させることにつながっていると報告しています。

この調査は、参加者からの自己報告ではなく、モーショントラッカーを使用して身体活動のレベルを「客観的に評価」したため、特に重要です。

「以前の研究では、神経生物学、ケア・サイエンス・アンド・ソサエティのシニア講師であるマリア・ハグストラーマー博士は、「参加者に身体活動のレベルについて質問しましたが、これは正確に覚えていないため、どれくらい長く座っていて動き回っているのか」

この研究はまた、座っている時間を中程度以上の強さの身体活動に置き換えることが、心臓血管疾患に関連する死亡を減少させることにさらに大きな効果をもたらすことを確認しています。

 

広告


カテゴリー:ランニング、スポーツ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。