大豆製品と乳がんの関係

 



乳がんは、女性の最も一般的な形態の癌の1つであり、毎年米国で約22万人の女性に影響を及ぼします。この疾患は男性にも影響を及ぼし、2000人の男性患者が米国で毎年乳がんと診断されています。

大豆摂取と乳がん死亡リスクとの関連を調べる

この発見は、Cancerの米国癌学会のジャーナルに掲載されました。

Tufts大学のFriedman School of Nutrition Science and PolicyのFang Fang Zhang博士は、この研究の主旨を説明し、

「イソフラボン(エストロゲン様の性質を持つ大豆の成分)は、実験研究で乳癌細胞の増殖を遅くすることが示されており、乳癌を有する東アジアの女性の疫学的分析は、イソフラボンの摂取量の増加と死亡率の低下との関連を示している」 とZhang博士は言う。

 大豆消費量の多さが21%の死亡率低下につながります

博士はダイズの摂取は安全であることがわかり、一部の乳がん患者のダイズの消費と死亡リスクの低下との間に相関があることに気づいたのです。

フォローアップ期間中、大量にイソフラボンを摂取した乳がんの女性は、少量を消費したがん発症者よりも死亡率が21%少なかったのです。

ホルモン受容体陰性乳がんの女性では、大豆食品は潜在的に保護効果があります。彼らの乳がんの治療法として内分泌療法を受けることは、弱くはあるが統計学的に有意な関連を有していた」

Dr. Fang Fang Zhang、リード・オーサー

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。