ポルノと脳と性欲低下の関係

 




ポルノは勃起不全を起こします

若い男性が、インターネットでポルノ動画を見ることがED発症率の増加につながる可能性があります。

40歳未満の性的に活発な男性の勃起不全(ED)が増加しています。ポルノとEDの相関関係を示す研究では、インターネットポルノが原因でこの問題が起こっています。

現在、研究者らは、ポルノグラフィーもしくは、ポルノムービーによる勃起不全(PIED)よる異常な低性欲を特定しています。

アダルト動画を頻繁に見ると、男性の応答性が低下したり、特にかわいくて、スタイルが良く、美しいものを見なければ興奮しなくなるようです。

アダルト動画を見すぎた一部の男性は、パートナーの前でもはや興奮していません。彼らはEDを経験し始め、ポルノを見るときに性的に興奮するのです。

脳の役割

過度の量のポルノを見ることがEDにつながる理由を理解するためには、

脳の働きを理解する必要があります。

ニューロンは、身体と脳の間でメッセージを送受信する細胞です。

脳には1000億個のニューロンが存在し、これは神経系の基本的な単位です。

神経伝達物質は、ニューロン間で化学的メッセージを送ります。

ドーパミンと呼ばれる神経伝達物質は、思考と感情に関連する脳の前に情報の流れを助けます。

私たちが何かに依存したり渇望したりする、脳の報酬制度にもリンクしています。

脳細胞は、人々が見たり聞いたりすることによって活性化されます。

人が抱擁を受けた場合、脳はドーパミンを放出し、その人は気分が良くなります。セックスのような自然の報酬に対する人の反応は、ドーパミン経路によっても大きく規制されています。

勃起はこの経路の活性化に依存します。ドーパミンシグナリングは性的興奮と勃起に重要な役割を果たします。

ドーパミン過負荷

人がポルノを見ると、脳にはドーパミンが溢れています。

ドーパミンが多すぎると問題を引き起こす可能性があります。脳は化学物質の過負荷によって圧倒され、ドーパミン受容体の一部を自動的に取り除きます。

脳はポルノに応答して同じレベルのドーパミンを放出し続けるが、最終的にメッセージを受け取るレセプターは少なくなります。元の感覚を得るために、より多くのポルノを見たり、強いポルノを探したりしなければなりません。

つまり、セックスでは満足できなくなります。

彼らは常に彼らが必要とする感覚を得るためにポルノを見る必要があり、これがEDにつながる可能性があります。

最悪、ポルノがなければ勃起を維持することができません。

インターネットでは無制限のコンテンツが提供されるため、性的興奮の高レベルを維持するために大量のポルノを見るようになる男性もいます。

彼らが本当の性的パートナーと交際しようとすると、彼らが感じる興奮は期待に合わず、勃起を維持することができません。

ポルノの中毒は深刻で、軽く取られるべきではありません。

ポルノはほどほどにし、パートナーとのセックスへ時間を注ぎましょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

広告


カテゴリー:セックス

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。