ソーセージなどの加工肉を食べると、女性の乳がんリスクが上昇する

 



研究者らは、ソーセージなどの加工肉を食べると、女性の乳がんリスクが上昇する可能性があると言います。

研究者らは、26万人以上の女性の分析から、1日あたり9グラム以上の加工肉を消費する人の乳癌リスクが20%上昇したことを発見しました。これは週2本のソーセージに相当します。

しかし、チームは赤身の肉の摂取と乳がんのリスクの間に関連性がないことを見出しました。

加工肉は、その風味を増強するため、また保存期間を延ばすために修正されたものです。ソーセージ、ベーコン、ホットドック、サラミは、加工肉のほんの一例です。

加工肉および乳癌

この調査には、40-69歳の女性262,195人のデータが含まれています。すべての女性は、英国の50万人の成人を対象とした継続的な健康調査です。

ペル教授とチームは、これらのデータを使用して女性の赤肉および加工肉の摂取量を計算し、乳癌の発生率を癌登録および病院入院データによって同定しました。

合計4,819人の女性が、7年間の追跡期間にわたって乳癌と診断されました。

乳がんは、特に閉経後の女性に有害な影響を及ぼす可能性があるという証拠が増えています。



広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。