睡眠習慣が悪いほど体重が過剰になる



“

米国で37歳から73歳の119,859人の成人のデータを分析した最近の研究結果。

平均睡眠期間、昼間の昼寝、および雇用にシフトワークが関与しているかどうかを自己報告したデータを調べました。

各参加者 の体格指数(BMI)およびウエスト周囲も評価対象としました。

研究者らは、肥満の遺伝的リスクが高い成人のうち、夜間に7時間未満で寝た人は、7-9時間寝ていた人よりも2キロ重く、夜間には9時間以上眠っていた成人は、 4キロ重いことがわかりました。

日中にシフトしたり昼寝したりした成人は、遺伝的肥満のリスクが高い場合には、シフトや日中の昼寝をしていない人に比べて体重が多くなる傾向がありました。

全体的に、研究者は、彼らの知見は、特に体重増加のために遺伝的に素因がある人々のために、健康的な生活様式を維持することの重要性を強調していると考えている。

肥満の遺伝リスクが高い人々は、健康的な体重を維持するために、ライフスタイルの要因にもっと注意を払う必要があるようです」研究データからすると、睡眠は食生活や身体活動とともに考慮する必要があることを示唆しています。



広告


カテゴリー:ダイエット

タグ:, , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。