最新!ストレスがどのように私たちを病気にするのか?



“"

心理的ストレスは病気のよく知られたリスク要因ですが、それがどのくらい正確に病気になり新しい研究によって、興味深い洞察が得られました。

仕事中の女性
研究者は、ストレスがどのようにして私たちを病気にするかを説明するのに役立ちます。
イーストランシングのミシガン州立大学の研究者らは、コルチコトロピン放出因子受容体1型(CRF1)として知られているタンパク質が、特定の免疫細胞にシグナルを送ることによってどのようにストレスに応答するかを明らかにしました。

これにより、免疫細胞は、喘息、ループスおよび過敏性腸症候群(IBS)を含む多数の病気を誘発し得る化学物質を放出するとのことです。

2015年米国ストレス調査によると、米国の成人の約31%が、ストレスが身体の健康に非常に強い影響を及ぼすと報告しています。

しかし心理的ストレスが私たちを肉体的に病的にすることができるのはどうですか?Moeserらは、肥満細胞に対するストレスの影響を調べました。

肥満細胞、CRF1、ストレス
肥満細胞は、喘息、IBS、アナフィラキシー、または重度のアレルギー反応、および狼瘡を含む炎症性およびアレルギー性疾患において重要な役割を果たす免疫細胞であります。

花粉、ダニ、ピーナッツなどのアレルゲンに反応して、マスト細胞はヒスタミンと呼ばれる化学物質を放出し、これらのアレルゲンの体を取り除きます。このプロセスは、水分の多い目、鼻水、および気道炎症を含むアレルギーの症状を引き起こすものです。

以前の研究では、心筋ストレスに応答して肥満細胞(免疫細胞の一種)の活性が高まり、これもまた病気を引き起こすことが示されています。
しかし、このストレス応答の根底にあるメカニズムは何でしょうか?

彼らは研究のために、研究者らは、マスト細胞上に正常なCRF1受容体を有し、CRF1受容体に欠けているマウスの2つのフループを調べました。

コルチコトロピン放出ホルモンとしても知られているCRF1は、ストレスに対する身体の反応に関与するペプチドです。

この研究では、両方のマウス群が、免疫系が過活動になる心理的ストレスおよびアレルギーストレスにさらされました。

CRF1は、
研究者らは、肥満細胞上の正常なCRF1受容体を有するマウスが、両方のストレス条件に応答してヒスタミンレベルの上昇を経験し、これが疾患を引き起こすことを見出しました。

しかしながら、CRF1受容体を欠くげっ歯類は、ストレスに応答して低ヒスタミンレベルを示し、疾患を経験しなかった。CRF1受容体を欠くマウスは、アレルギーストレスに応答して疾患が54%減少し、心理的ストレスに応答して疾患が63%減少しました。

Moeserによると、これらの知見は、「CRF1がこれらのストレッサーによって引き起こされたいくつかの疾患に深く関与している」ことを示しています。

「肥満細胞は体が経験しているストレスの多い状況に応じて高度に活性化される」と彼は説明しています。

さらなる研究が必要とされているが、この研究結果はストレスによって引き起こされる病気に対する新たな治療法の扉を開くことができるとチームは考えています。



“"

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。