瞑想中の種類、瞑想の驚くべき効果!



多くの人にとって、「瞑想」という言葉は、目を閉じて、精神を集中させ、雑念を取り除くと言うイメージがあるかもしれませんが、実際瞑想には様々な歴史や、効果、種類があります。

瞑想は、古くからの心身の鍛錬方法であり、歴史を辿るとこれまでの紀元前5000年にまでさかのぼると推定されています。

初めはインドの、古代のヒンドゥー教の哲学であるヴェダントズムの教えから派生したと言われています。

一般的に、瞑想は、静寂感と集中力を高める意識の状態を誘発するために心を鍛錬することを目的とします。

瞑想は伝統的により深い宗教的および霊的理解を誘導するために行われていましたが、リラクゼーションとストレス軽減の一般的な方法に発展しました。

国立保健衛生研究所(NIH)の一部である補完統合型保健センター(NCCIH)によれば、瞑想は米国の約1800万人の成人、すなわち人口の8%が瞑想をしています。

瞑想の種類
多くの種類の瞑想があります。

集中瞑想は、イメージ、音、または呼吸などのひとつの事に心を集中させる方法です。

マインドフルネス瞑想は西洋世界で最も一般的な瞑想の形式です。音、体感、感情、思考または呼吸など自分の中にある脳や心の中にあるすべてのことを認めるという姿勢が大変重要となってきます。マインドフルネスは集中瞑想とは違い意識を制限されません。分かりやすく言うと出てきた感情や、イメージを静かに流していくという方法です。

他には、超越瞑想、ヴィバッサナー瞑想,サマタ瞑想,慈悲の瞑想,ソクチェン瞑想,トラタカ(トラタック)瞑想など様々な瞑想スタイルがあります。

瞑想の利益

脳の老化と記憶の改善

瞑想で重要となってくるのは、心を静かな状態にするということです、研究によると、瞑想は脳の老化を軽減する可能性があると示唆しました。
瞑想者である50人のうちの24-77歳の100人を対象とした研究では、瞑想している人は、非瞑想者に比べて特定の脳領域で灰白質が減少していることがわかりました。

ペンシルバニア州フィラデルフィアのトーマスジェファーソン大学病院の研究者らは、12週間のマントラベースの瞑想を毎日8週間行ったところ、記憶障害を抱えた12人の高齢者の前頭前野部、上前頭頂部および上頭頂皮質への脳の血流を増加させ、認知機能改善に繋がることがわかっています。

瞑想がどのように脳に影響を与えるかはまだ全てはっきりしていませんが、研究者たちはその解明に徐々に近づいています。

関連記事

瞑想中の脳波の動き

痛みの軽減

慢性的な痛み – 少なくとも12週間持続する痛みとして定義されます。米国における約1億人の障害の主要な原因の1つに、腰痛、重度の頭痛または片頭痛および頚部の痛みが含まれます。

一般的には痛みを軽減するために鎮痛剤オピオイドなどが一般的に使用されますが、研究ではますます瞑想が有効な鎮痛薬作用がある可能性を示唆しています。

昨年、ノースカロライナ州ウィンストンセーラムのウェイクフォレストバプテストメディカルセンター(Wake Forest Baptist Medical Center)が主導した研究では、8週間のマインドフルネスに基づいたヨガ を組み込んだ瞑想プログラムが、片頭痛の頻度および重症度を減少させました。

最近、Journal of Neuroscienceに掲載された研究 – ウェイクフォレストバプテストメディカルセンターの研究者も 、 マインドフルネス瞑想に従事する人は、物理的痛みに対する感情反応の44%の減少と痛みの27%の減少を示したという報告があります。

脳イメージングを用いたさらなる調査では、念慮が、痛みの自己制御に役割を果たす眼窩前核および前帯状皮質脳領域を活性化することによって、参加者の痛みを軽減することが明らかになっています。

「われわれの知見に基づいて、毎日20分間のマインドフルネス瞑想が、臨床現場での痛み治療を強化する可能性があると考えています」と、筆頭著者のFadel Zeidanは述べています。

質の高い睡眠
今日の忙しい生活では、私たちの多くが睡眠に問題を抱えているのは不思議ではありません。米国ではおよそ5千万〜7千万の人々が何らかの形の睡眠障害を抱えています。

今年2月、MNTによって報告された研究によると、マインドフルネス瞑想は高齢者の睡眠の質を改善しました。55歳以上のアメリカの成人の半数以上が睡眠に問題があります。

JAMA内科に 掲載されたこの研究では、週2時間、6週間のマインドフルネス瞑想が、成人のピッツバーグ睡眠品質指数(PSQI)スコアを10.2から7.4に下げました。

そして、昨年、カナダの研究によると、マインドフルネスに基づいた瞑想は、10代の癌患者の気分と睡眠の質の両方が改善されました。

心臓の健康
高血圧は、心臓発作、脳卒中、および心臓病の主要な危険因子です。健康的な食生活や運動などの生活習慣の変化は血圧を下げる鍵ですが、最近の研究では瞑想が効果的であることが示唆されています。

さらに研究者らは、瞑想が血圧を下げ、心臓発作、脳卒中、心臓病のリスクを低下させる可能性があると示唆しています。

チームは、血圧と死亡率の低下に関連した酵素であるテロメラーゼを産生する遺伝子の発現の増加の結果、両方のグループが血圧の低下を示したことを発見しました。

テロメラーゼ遺伝子の発現が増加し、高リスク集団における血圧の低下と関連していることは、これがストレス低下が心血管の健康状態を改善するメカニズムであることを示唆している」とシュナイダー博士は述べています。

この研究は、シュナイダー博士らが実施した2012年の研究を基にしています。

『心臓病を患っている黒人アメリカ人は、超越瞑想を実践すれば、全死因死亡率と心臓発作死亡率が5年間 で48%まで減少、超越瞑想は、健康な人と心臓病の診断を受けた人々の心臓病リスクを軽減する可能性がある』とコメントしました。



広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。