ブルーベリー酢が短期記憶を改善させる

 

 

科学者は、ブルーベリーを酢の形で摂取することにより、
認知症の治療に繋がると論文を通じて報告しています。
最近の研究では、記憶喪失を伴うマウスにおいて発酵産物が短期記憶をどのように改善するかを示しています。

研究者は、ブルーベリー酢は認知症の人々の記憶喪失を減らす可能性があると言います。

認知症は世界中で最も急速に増加している健康負担の1つであり、3秒に一人が病気を発症すしています。

世界中で5千万人が認知症に罹っていると推定されて、

2050年までに、この数字は1億1,350万に達すると予想されています。

アルツハイマー病は、認知症の最も一般的な形態であり、すべての症例の約60㌫を占めます。それは学習と記憶の問題を特徴とし、米国だけで約550万人の成人に影響を与えます。

これらのようなショッキングな統計は、認知症を予防し治療する新しい方法の必要性を強調しています。

韓国のKonkuk大学のBeong Ou Limを含む最新の研究ノートの研究者は、発酵が天然化合物の生物活性を増加させることができることを示している。

彼らは、「食酢などの発酵製品は、食品加工中に容易に酸化され、成熟、貯蔵、処理などの要因によって影響を受けるフェノール化合物を保存するように作用する可能性がある」と論文に書いています。

これらのことを念頭に置いて、Limらは、ブルーベリーから作られた酢が記憶喪失を減らすのに有効であるかどうかを調査しようとしました。

マウスで短期記憶が改善された

彼らの発見に達するために、科学者はスコポラミンと呼ばれる薬を与えることによって、記憶喪失を誘発しました。マウスに、ブルーベリー酢1キログラムあたり120ミリグラムまたはブルーベリーエキス1キログラム当たり120ミリグラムを毎日1週間与え、

研究チームはさらに、ブルーベリー酢を与えられたマウスは、脳内のアセチルコリンの分解を減少させることを発見しました。アルツハイマー病患者の脳で低レベルのアセチルコリンが同定されている、と著者らは指摘しています。

 

広告


カテゴリー:記憶力

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。