睡眠不足が記憶力を低下させる理由




睡眠は学習や記憶形成において重要な役割を果たすことが知られていますが、十分な睡眠を取らないと、これらの重要な脳機能はどうなりますか?ミシガン大学の研究者は、新しい研究でいくつかの答えを提供します。

 

 研究者らは、睡眠不足は、記憶形成を妨げる可能性のある海馬の特定領域におけるニューロン活性化リズムを乱すことを発見しました

 

CA1と呼ばれる長期記憶の形成を担う脳構造です。

ミシガン大学分子・細胞・発生生物学科のニコレッテ・オニャノフスキー教授らは、マウスのCA1における神経発火または振動のリズムを乱すと記憶形成を妨害することを発見しました。

現行のガイドラインでは、大人は最適な健康状態のために毎晩7〜9時間寝ることを目指すべきであると勧告しています。

しかし、米国睡眠協会(American Sleep Association)によると、米国の成人の約35%が夜間に7時間以下の睡眠を取ると報告しています。

研究によると、睡眠は記憶強化にとって重要であることが示されています。短期記憶を長期記憶に変換する脳の能力です。これを念頭において、睡眠不足が記憶形成を妨げることが判明したことは驚くことではありません。

 

研究者らは、学習タスクの後に十分な睡眠を取ったげっ歯類は、海馬のCA1領域において、睡眠不足マウスと比較してより強い睡眠関連振動を示すことを発見しました。

 

 

 

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。