夜食は肌を傷つける可能性があります!

eat-1705556_960_720


新しい研究では、深夜に食べると、太陽の被害を受けやすくなるとのことです。
日光にあたる際には特別な注意が必要です。
夜遅く食べると、UV損傷に対する皮膚の脆弱性が増す可能性があります。

研究者によると、夜間ではなく昼間に摂食したマウス(マウスは夜行性、げっ歯類の異常な食生活パターン)は、通常の時間に摂食されたマウスと比較して、紫外線(UV)照射の結果としてより大きな皮膚損傷を大きいことが確認されました。

ダラスのテキサス南西部医療センター、神経科学科の研究者であるジョセフ・S・タカハシ博士らは、異常な食生活がマウスの皮膚の概日リズムを変化させ、日中の活動を減少させると報告している皮膚保護酵素の低下が見られました。

日光浴やスポーツ、海水浴などでUV線は皮膚細胞のDNAにダメージを与え日焼け、皮膚老化、皮膚癌の主要な危険因子になります。

UVA線は、地球の表面に到達する紫外線の最大95パーセントをしめ、より深い層の皮膚に浸透します。

それらは皮膚老化の重要な原因であり、皮膚癌の原因にもなります。

UVB線は外皮層に最も大きなダメージを与え、日焼けや皮膚がんの主な原因になります。

 皮膚保護酵素の活性が変化した

girl-429380_960_720



研究者らは、2つのグループのマウスの皮膚に対するUVB曝露の影響を評価することにより、結論に付けました。

1つのグループは、夜間の齧歯目による異常な摂食時間である昼間のみに給餌されたが、他のグループは、マウスの通常の摂食時間である夜間のみに給餌された。

チームは、日中のUVB照射に曝露すると、正常な摂食パターンを有するマウスと比較して、摂食パターンが異常なマウスでより大きな皮膚損傷を引き起こすことを見出しました。

さらに調査したところ、異常な摂食時間が齧歯類の皮膚の概日リズムに変化を引き起こすことが明らかになりました。

具体的には、UV傷害から皮膚を保護するのに役立つ色素沈着症A群(XPA)と呼ばれる酵素は、日中は活性が低く、夜間はより活性があります。

しかし、正常な摂食パターンに従ったマウスは、XPA活性に変化を示しませんでした。

sea-2654890_960_720 (1)


肌のターンオーバーの有害なシフト

さらに、これらの遺伝子発現の変化の影響は明らかではないが、げっ歯類の変化した摂食パターンが皮膚遺伝子の約10%の発現に影響することを研究者らは見出しました。

研究者は、食生活が人間の皮膚の概日リズムに影響を与えるかどうかを確認するためにさらなる研究が必要とされているが、我々の食生活がUV傷害感受性に影響を与える可能性があると指摘しています。

通常の食生活スケジュールでは、昼間はUVからよりよく保護される可能性があります。しかし、異常な摂食スケジュールがあると、マウスのように肌の時計に有害なシフトを引き起こす可能性があります」

Dr. Joseph S. Takahashi

カリフォルニア大学アーバイン校の共同研究者であるボギー・アンダーセン博士は、「この時点でこれらの発見を全て人間に置き換えるのは難しい」と述べました。「しかし、皮膚が食物摂取のタイミングに敏感であることは私にも言えることです。」

と付け加えました。

関連記事

ニキビを自然に早く治す、予防するために必要な食材と、栄養素

トマトの驚くべき美肌効果

 

広告


カテゴリー:スキンケア, ヒーリング

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。