ヨガと瞑想が血圧を安定させます!



ヨガは動きに基づいた心身療法です。ここ数年、ヨガの潜在的な健康上の利点、特に血圧に関する研究は、いくつかの魅力的な結果を示しています。

2014_Yoga_in_the_sunset_beach_055651_33.jpg

ヨガは血圧を下げることができますか?いくつかの研究では下げることを示しています

ヨガは、インドは始まり、呼吸、ポーズ、瞑想などにより、肉体的、精神的に心身ともに健康になるための規律運動です。紀元前5世紀から6世紀にかけて、ヨガは学校が出来るまでに発展しました。最も知られているのは、ハタとラージャのヨガの学校です。

ヨガには次のものが含まれます:

  • 穏やかな身体活動
  • 制御された集中呼吸
  • 瞑想

ヨガのインストラクターは、さまざまな「ポーズ」のためにさまざまな用語を使用します。

多くの場合、古典的なインド語のサンスクリット語を使用します。ヨガ自体はサンスクリット語で “組合”を意味します。

ヨガの人気は、20世紀以来西洋で増加しており、現在では人間の健康への潜在的利益について研究されています。

その効果を調べるために、研究者らは未治療の前高血圧またはステージ1の高血圧を有する参加者57人に、12週間にわたってアイアンガーの練習を行うように依頼しました。

12週間のアイアンガーヨガの結果、24時間の収縮期血圧および拡張期血圧における臨床的に有意義な改善をもたらしまいた。

ヨガは高エネルギーの運動ではありません。それは、時速3.2キロメートルのウォーキングマシーンで歩くことに相当します。

ヨガをしている人々の心臓と代謝率をテストした研究者によると、

最低10分の太陽礼拝を取り入れたヨガの練習は、運動不足の人間の心肺機能を改善するために、十分な身体活動になります。

ヨガの瞑想も体に影響を与えます。ストレス減少が生理学的利益をもたらすかもしれない、と研究者は言います。

瞑想はリラクゼーション技術で精神的ストレスを感じた時に高血圧を減らすなど、自律神経系のバランスをとる効果があります。

研究者は、「ヨガ、瞑想、音楽は交感神経系の活動を低下させ副交感神経とのバランスが良くなる。」と説明しています。動脈や心臓、肺の受容器に良い影響をもたらし、よって血圧を安定させ高血圧を防ぐことにつながります。

★次の記事も読まれています★

ヨガと瞑想の健康効果の実験と証明

ヨガがDNAに与える好影響

マインドフルネス瞑想をわずか25分間練習することで、脳の機能やエネルギーレベルを大幅に向上させることができます。




参考文献

アメリカ心臓協会(2014年4月8日、最後にレビュー)。高血圧の予防と治療。http://www.heart.org/HEARTORG/Conditions/HighBloodPressure/HighBloodPressure/Prevention-Treatment-of-High-Blood-Pressure_UCM_002054_Article.jsp#.V2Axj_krI7Yからの取り組み
ビクラムヨガ(nd)。ビクラムヨガとは何ですか?http://www.bikramyoga.com/what-is-bikram-yogaから取得
Bower JEとIrwin MR(2016年1月)。心身療法と炎症生物学の制御:記述的レビュー。脳、行動、および免疫51,1-11、doi:10.1016 / j.bbi.2015.06.012。http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0889159115001658から取得
Brook RD、Appel LJ、Rubenfire M.、Ogedegbe G.、Bisognano JD、Elliott WJ、Rajagopalan S(2013年6月)。薬物療法とダイエット以外の方法:血圧を下げる代替アプローチ:American Heart Associationの科学的声明。Hypertension 61(6)、1360-1383、doi:10.1161 / HYP.0b013e318293645f。http://hyper.ahajournals.org/content/61/6/1360.longから取得
Cohen DL、Wintering N.、Tolles V.、Townsend RR、Farrar JT、Galantino ML、Newberg AB(2009年1月)。ヨガトレーニングの脳血流効果:4例の予備評価。代替医療と補完医療のジャーナル15(1)、9-14、doi:10.1089 / acm.2008.0008。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3155​​099/から検索
Cohen DL、Bloedon LT、Rothman RL、Farrar JT、Galantino ML、Volger S.、Townsend RR(2011年2月14日)エビデンスベースの補完代替医療、546428、doi:10.1093 / ecam / nep130。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3145370から取得
コーエンDL(2013年11月13日)。ヨガと高血圧。Journal of yoga and physical therapy 3(4)、1000144、doi:10.4172 / 2157-7595.1000144。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4581445から取得
Cohen DL、Boudhar S.、Bowler A.、Townsend RR(2016年1月15日)。ヨガの血圧効果単独、またはライフスタイル尺度との併用:ライフスタイルの変更と血圧研究(LIMBS)の結果。臨床高血圧ジャーナル、doi:10.1111 / jch.12772。http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jch.12772/fullから取得
Feuerstein G.(2006)。ヨガ用語の用語集。http://www.traditionalyogastudies.com/wp-content/uploads/2011/05/GLOSSARY-OF-YOGA-TERMS.pdfから取得
Hagins M.、Moore W.、and Rundle A.(2007)。ハタヨガの練習は、健康や心臓血管の健康状態を改善し、維持する身体活動の強さに関する推奨事項を満たしていますか?BMC補完代替医療7,40、DOI:10.1186 / 1472-6882-7-40。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2219995から取得
Ospina MB、Bond K.、Karkhaneh M.、Tjosvold L.、Vandermeer B.、Liang Y.、…とKlassen TP(2007年6月)。結果; ヨガ。In:健康のための瞑想実践:研究の状態、Evidence reports / technology assessment(155)、1-263。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK38353/#A247668から取得
サンタネッティDF、アラウジョEA、オルテガKC、ティヌッチT、ミオンD、ネグロオCE、およびモラエスフォルジャーズCL(2006年7月)。血圧に対する運動および弛緩の後遺症 スポーツ医学の臨床ジャーナル16(4)、341-347。http://journals.lww.com/cjsportsmed/Abstract/2006/07000/Aftereffects_of_Exercise_and_Relaxation_on_Blood.10.aspxから取得
Saptharishi L.、Soudarssanane M.、Thiruselvakumar D.、Navasakthi D.、Mathanraj S.、Karthigeyan M.、およびSahai A.(2009年、10月)。若年成人における高血圧症の予防および管理における非薬理学的介入のコミュニティベースのランダム化比較試験。インドの地域医学雑誌34(4)、329-334、doi:10.4103 / 0970-0218.58393。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2822195から取得
Sarvottam K.とYadav RK(2014年6月)。肥満関連炎症および心臓血管疾患:ヨガベースの生活習慣介入の有効性。インド医学研究雑誌39(6)、822-834。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4164994から取得
(2012年6月)の6ヶ月間に渡って行われた。ヨガトレーニングは、肥満少年の代謝パラメータを改善する。韓国生理学薬理学会16(3)、175-180、doi:10.4196 / kjpp.2012.16.3.175。Epub 2012年6月26日http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3394919より入手
Unger T.、Paulis L.、およびSica DA(2011年、11月)。高血圧における治療上の見通し:レニン – アンジオテンシン – アルドステロン系調節および新たなデバイスベースのアプローチのための新規な手段。European heart journal 32(22)、2739-2747、doi:10.1093 / eurheartj / ehr253。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3214724から取得
Wang J.、Xiong X.、Liu W.(2013、Oct 4th)。本態性高血圧のためのヨガ:系統的レビュー。PLoS One 8(10)、e76357、doi:10.1371 / journal.pone.0076357。http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0076357から取得

 

広告


カテゴリー:ヨガと瞑想

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。