マンドフルネス瞑想は痛みを軽減する!



神経科学のジャーナルに掲載された研究によれば、マインドフルネス瞑想はプラセボよりも大きな痛みを軽減する可能性があります。

ノースカロライナ州ウィンストンセーラムのウェイクフォレストバプテストメディカルセンターの科学者たちは、

マインドフルネス瞑想によって作られた痛みを取り除く脳活動のパターンがプラセボクリームの反応と異なることを初めて示しています。

研究者らは瞑想の利点を痛みに生かそうと長年にわたって報じてきたが、脳のイメージング技術は関与するメカニズムの詳細を明らかにしました。

2014_Meditation_in_the_mountains_055653_33



瞑想に関連する痛みの軽減は急速に浮上している分野ですが、それを進展させるためにはより具体的な実験的証拠が必要です。リ

ード著者Fadel Zaidan、PhD、および同僚は、痛みに対する期待、注意散漫、注意、信念、プラセボ、催眠、ストレス、不安、気分、情緒状態の影響を以前に指摘しています。

強化された認知および感情制御は、痛みを軽減するのに役立つことが示されています。

Image 2017-12-12 at 8.49 (1)

 

人間は瞬間的な経験を持続的と自動的に認識する傾向があります。

今の現状は、この先永遠に続くことはないのにです。

過去に対してアプローチを繰り返し、過去の自分を責めたり、傷つけたりします。

つまり過去や未来へと感情がさまよい、現在に集中できていないいのです。

この知覚を再構成することによって、気持ちの不快感を軽減するのに役立ちます。

さまざまな瞑想的プラクティスは「マインドフルネス」と呼ぶことができますが、集中注意(FA)とオープンモニタリング(OM)という つの広いカテゴリがあります。

FAは、特定の物体、例えば呼吸または外部物体の流れに対する焦点を維持することに関連します

OMは、禅の瞑想のように、心の中で生じる感覚的、感情的または認知的事象の非指示的な認知を含みます。

研究では、マインドフルネス瞑想は、痛みの自己制御に関連して、眼窩前野および前帯状皮質の脳領域を活性化することによって痛みを軽減した。


広告


カテゴリー:ヨガと瞑想

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。