体にとっての水分の重要性

 


明日から我々の生活の中から水が消えるとどれくらい私たちは生きられるでしょうか?

脱水がいかに速く人を殺すかの信頼できる予測因子はありません。

多く記事では、普通の人は水なしで4日から1週間の生き残ることができるとことがわかっています。

が、それはあくまでも概算です。人の健康、天気、および個人の身体活動レベルで変わってくるのです。

Mayo Clinicによれば、高齢者、児童、慢性疾患を患っている人、外で働く人や運動する人は特に脱水の危険があります。

非常に暑い環境では、1時間に1〜1.5リットル(2.1〜3.2パイント)の汗を失うことがあります。

20173D-graphics_Splashes_of_water_on_a_blue_background_3d_graphics_118498_33 (1)

ワシントンDCのジョージ・ワシントン大学の生物学者Randall Packer 氏は、

真夏に激しい運動をする運動選手は、脱水、体内温度の上昇により数時間のうちに死ぬ場合がありますと述べています

通常、人は病気になるほど水分が失われると、過熱状態に陥り、体内の温度が高まります。

幼い子供や痴呆の高齢者は、水を飲むことを忘れたり、助けなしに水を得ることができないかもしれません。

英国の2009年の国民健康サービスガイドラインによると、深刻な脱水は、人が全体重の約10%を水分を失うときに設定されます。

しかし、暑い日に1時間に1.5リットルの水分喪失が起こると、そのような脱水は、従来の常識よりもずっと速く起こる可能性があります。

ロチェスターメディカルセンター(University of Rochester Medical Center)に よると、脱水症状が起こると、喉の渇き、乾燥した肌、疲労、軽度の頭痛、めまい、混乱、口渇、および速い脈拍と呼吸が特徴的です。

脱水した子供たちは涙をこぼさずに泣きます。彼らの目、頬、おなかは沈んでしまいます。

彼らは無情に成長し、その皮膚は挟み込まれて解放されると平らになりません。

患者は疲労し、疲れていて、時にはめまいを起こします – 彼らが立ち上がったとき – そして時には嘔吐します。脱水症状が本当に悪い場合は、寒くて痒く、反応がないと研究者は述べています。

他の症状もこれらの症状を引き起こす可能性があるため、脱水症状が原因であるとは必ずしも言えません。しかしそのような症状が夏であれば、脱水から来る場合が多いので、注意が必要です。

体内の水分が低下すると、液体は重要な器官に血を流し、体全体の細胞が縮小する原因となります。

国立腎臓病財団の会長バーンズ博士は、

水が脳細胞から浸出するにつれて、頭蓋内の脳の収縮と血管が破裂する可能性があると説明しています

さらに脱水症状により、腎臓は通常、臓器の中で最初に機能しなくなり、収縮する血液から老廃物を取り除くことを止めるのです。その時点で、他の臓も機能が低下していきます。

あなたの体調を安定させるためには水と電解質を十分に補充することが大事になります。

*参考文献*

飛行機のクラッシュサバイバル:奇跡、またはスキルと科学?
サバイバル・ダンス:人間が氷河期を通じてどのようにウォージングしたか
新しい水の謎

広告


カテゴリー:健康, 体の仕組み

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。