運動で変わる体内微生物の謎

私たちが食べるものは、腸内に生息する微生物に影響を与えることは確かに確立されており、おそらく驚くべきことではありません。
しかし、新しい研究によれば、運動は同じ効果をもたらします。

運動が腸内細菌叢の組成を変える可能性があることを示唆しています。

 

研究者たちは、マウスの実験で健康のために有益である短鎖脂肪酸(のSCFA)の産生を増加させる方法で、腸内細菌叢の構成を変更することを発見しました。

イリノイ大学アーバナシャンペーン校のキネシオロジーと地域社会の健康の教授であるジェフリーウッズ(Jeffrey Woods)によると、これらの研究は、腸内細菌の多様性が運動だけで修正できることを初めて示したものです。

この研究では、3グループのマウスが含まれていました。グループ1のマウスは座りがちで、グループ2は走るための輪にアクセスでき、残りのグループは座り、マウスは無菌マウスを用いました。

運動は有益な腸内微生物を増加させた

実験の結果、以前の無菌マウスは、組成を有する腸内微生物叢を発達させたのです。

興味深いことに、グループで糞便物質を受けた無菌マウスは、炎症を軽減し腸の健康を促進することが知られているブチレートと呼ばれるSCFAを産生する腸内微生物のレベルが高くなりました。

さらに、これらのマウスに大腸炎または結腸の炎症を引き起こす化学物質が与えられたとき、研究者らは驚くべき反応を目撃した。研究の時にアーバナ・シャンペーン校のイリノイ大学に所属していた研究共同リーダーのヤコブ・アレンは、「炎症の減少と再生分子の増加が、より速い回復を促進する」と述べています。

彼らの発見に基づき、研究者らは、「腸内微生物叢における運動誘発性修飾は、宿主と微生物との相互作用を媒介して、宿主にとって有益な結果をもたらす可能性がある」と結論付けました。

 

 

 

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。