セロトニンとうつ病の関係

 

 

新しい研究は、セロトニン欠乏症が、以前考えられていたことと変わって、うつ病に影響しない可能性があることを示唆しています。

これまで低レベルのセロトニンがうつ病を引き起こしたという理論の人気が高りました。

うつ病を治療する薬は、セロトニンレベルを上昇させることによって作用する抗うつ薬 Prozacに代表的です。

1980年代にProzacが発売されたとき、それはうつ病の治療として非常に早く普及しました。

しかし、一部の専門家は、プロザックの人気を、以前の抗うつ薬(セロトニンやノルエピネフリンの脳内吸収を阻止するトリシクラクツ)より効果的ではなく、他の抗うつ薬よりも副作用が少ないと評価しています。

 

しかし、この理論を支持する確かな証拠はありせんでした。

多くの専門家はそうは思わない。テキサス州サンアントニオのテキサス大学健康科学センターの薬理学科のアラン・フレイザー議長は、抗うつ薬研究者として、セロトニン理論に関する2012年の特集でNPRに語りました。

「私は、うつ病がセロトニンの喪失に関連していることが説得力のあるデータはないと思います」

同じ論文では、マサチューセッツ州ボストンのハーバード大学医学部の神経科学教授であるJoseph Coyle博士は、「化学的不均衡は、世紀の思考の一種であり、それよりはるかに複雑であり、実際には時代遅れである考え方です」
うつ病は世界でも障害の原因であると言われています。世界保健機関(WHO)は、3億5,000万人以上の人々がそれに苦しんでいると推定しています。
現在、うつ病患者の60〜70%がProzacまたは類似の薬物に反応しないことが研究によって示されていています。

セロトニンを産生する能力が欠如したマウスを開発し、マウスがうつ病の症状を呈したかどうかを調べるために様々な試験を行いました。

研究者らは、マウスが強迫性と攻撃性を高めたが、うつ病の症状を示さなかったことを発見しました。

 

研究者らは、セロトニンがうつ病の支配的要因ではない可能性があると結論づけています。この研究の成果(ACS Chemical Neuroscience誌に掲載)は、将来の抗うつ薬の開発を「劇的に変化させる」と、研究者らは述べています。

広告


カテゴリー:うつ病, 健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。