男女の脳の具体的な違いとは?

 

研究者らは男性と女性が同じ外部刺激と認知活動または運動仕事に同じように関連するかどうかを調べるために、両性の参加者の脳における活性化のパターンを研究しました。

人間ではなく数十匹の霊長類のアカゲザルで行われた実験ではオスは車のおもちゃを好み、メスはぬいぐるみを好むという研究が報告されています。

カリフォルニア州スタンフォード大学の精神医学と行動科学の教授であるニラオ・シャー博士は、そもそも基本的な「行動回路」が男女で違うことを示唆しています。

異なる脳活性化パターン

 

さらに、男性の脳と女性の脳の活性化のパターンを、同じ実験で、試した研究があります。

そのような研究の1つは、迷路にて男女の脳がどのように変化するかを空間ナビゲーションfMRIを用いて実験しました。

 

マーカーを使い、脳内を調べ男性と女性の脳のさまざまな領域が光ります。

 

男性は文脈依存記憶に関連している左海馬が 優先的に明るく輝いていることがわかりました。

一方、女性では、この作業の間に活性化された領域は、空間的知覚、運動制御、および注意に関連する右後頭頂部皮質、およびエピソード記憶に関連した右前頭前野でした。

別の研究では、男性と女性の一旦働いた脳活動を休止させるまでの時間に「かなりの差」があることが判明しました。

男性の脳が休止状態になるまでの時間が短いことが研究では示唆されています。

 

社会的合図

たとえば、暗闇で感知された恐怖に対する男女の反応を対象とした実験では、女性の恐怖への反応ががより明確になりました。

fMRIを用いて10代の若者と大人の両方の脳活動を調べたところ、大人の女性は明白な視覚脅威信号に対して強い神経応答を示したが、大人の男性および両性の青年ははるかに弱い反応を示しました。

 

広告


カテゴリー:脱毛改善, 性について

タグ:, , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。