セックスは痩せる!具体的な消費カロリーは?




 

性別および体重減少

 ※しっかりとしたパートナがーいる方に今回の記事を見ていただきたいです
セックスはカロリーを燃やすのに役立ちます。しかし、利益はそこで止まりません。

セックスの消費カロリーはどれくらいか?

2013年、Antony D. Karelis教授は、カナダのケベック大学モントリオール大学の同僚と一緒に、何カロリーを摂取したか正確に調べました。

彼は研究のために、Karelis教授は18歳から35歳までの21の異性カップルで実験。

カップルには、週4回のセックスを行ってもらい、アクティビティトラッカーを装着して、毎回のエネルギー消費量を研究チームが計算できるようにしました。

性的遭遇には、前戯、性交、そしてどちらかのパートナーに少なくとも一回オルガスムが含まれました。

男性は一回セックスをしたときに平均101カロリーと女性は平均69カロリーを消費しました。

平均強度は歩行よりも高かったが、ジョギングよりも低かったとKarelis教授は説明し、中強度の運動のカテゴリーにしっかりと入れています。

ジムの運動よりも「楽しい」

セックスの消費カロリーの範囲はかなり異なりました。一番下で男性が13カロリー、女性は11.6カロリー、最高で男性は306カロリー、女性は164カロリーでした。

前戯、性交、オルガスムまでの平均期間は24.7分であったが、実際に夫婦がセックスをした時間は12.5分から36.9分でした。

セックス中にカロリーの低下を増やしたい場合は、もっと積極的に関与させたり、長くするか、あるいはその両方を組み合わせることができます。

教授はまた定期的な体操とセックスを比較しました。男性がランニングマシンで30分間、中度〜強度のトレーニング中に149〜390カロリーで燃焼し、女性は120〜381で燃焼したことを発見しました。

2つの活動を比較するように頼まれたとき、研究のすべての男性と95%の女性が、ランニングマシンで走るよりもセックスが楽しいと答えました。

セックスは食物摂取を抑制する

「愛のホルモン」オキシトシンは、私たちの脳や胃腸管の視床下部で産生され、性別、共感、関係構築、出産、および授乳の主要機能を認定されています。

オキシトシンレベルは、性行為を起こしたとき、特にオルガスムを経験したときに発症します。

ボストンのマサチューセッツ総合病院の神経内分泌ユニットのエリザベス・A・ローソン博士は、Nature Reviews Endocrinologyの 12月号の記事で、「げっ歯類、非ヒト霊長類およびヒトにおける実験は、オキシトシンがカロリー消費を減少させることを一貫して示している」と説明している。

「オキシトシンが食後の軽食、特にチョコレートクッキーの消費を減らすことを発見しました」とローソン博士は説明しました。

オキシトシンは非常に長く体内に留まらないことに注意することが重要です。リリースされてから2〜8分以内に、ホルモンの半分がなくなります。

したがって、私たちの食物摂取における単一の性的遭遇の後遺症は、一時的なものに過ぎません。それでも、少しずつ助けて、セックス後に食べることを一時的に抑制することは、全体的な体重減少に寄与すると確信しています。

関連記事

キスで移る細菌の数とは?

男性をとりこにする性欲を高める12の食材

セックスがもたらす科学的な10の利益

 

 

広告


カテゴリー:オキシトシン, セックス

タグ:, , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。