運動訓練は、タバコの煙を吸った後の炎症および筋肉疲労を改善させる

 

定期的な運動は、喫煙者が筋肉喪失や炎症などの喫煙に関連するいくつかの悪影響から保護する可能性があるという新たな研究結果が報告されました。

この論文はAmerican Journal of Physiology – Regulatory、Integrative and Comparative Physiologyに掲載されています。

喫煙は、局所的な肺の損傷に加えて、多くのシステム全体の生理学的変化を引き起こす可能性があります。肺系で始まる炎症は、循環系に「流出」して体内の他の臓器にダメージを与える可能性があると、ドイツの研究者チームは説明しました。炎症はまた、体内のタンパク質経路とマイナスに作用し、筋肉が産生されるよりも速く分解することがあります。このプロセスは、筋肉喪失(筋萎縮または萎縮)とも呼ばれ、衰弱を引き起こす。

研究者らは、長期的にタバコの煙にさらされた2群のマウスの血液および筋肉線維中の炎症のマーカーを研究しました。1グループは、研究の最後の8週間(「煙に曝された運動」)、他のグループは運動しなかった(「煙に曝された」)、トレッドミルで毎日の走行テストを行いました。両方の喫煙曝露群を、喫煙に曝されていない年齢調整対照群と比較しました。

研究チームがトレッドミル試験を導入した後、炎症のマーカーは煙に曝された群の血液および筋肉サンプルで増加したが、煙に曝された運動群では有意に改善しました。両方の喫煙曝露群は、対照群と比較して筋肉重量が低く、運動導入前の筋肉の繊維面積の減少を示しました。エクササイズは、煙に曝された運動グループにおいて、この種の損傷の一部を逆転させました。「定期的な持久運動訓練は、長期喫煙者を喫煙の重要な負の局所的および全身的な影響から守ると思われる」と研究者らは書いています


参考文献

  1. KarstenKrüger、Michael Seimetz、Robert Ringseis、Jochen Wilhelm、Alexandra Pichl、Aline Couturier、Klaus Eder、Norbert Weissmann、Frank C. Moorenなどがあります。運動訓練は、タバコの煙の曝露後に炎症および筋肉疲労を逆転させるアメリカン・ジャーナル・オブ・フィジオロジカル – 規制、統合および比較生理学、2017; ajpregu.00316.2017 DOI:10.1152 / ajpregu.00316.2017
広告


カテゴリー:健康, 喫煙の害

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。