1日に3〜4杯のコーヒーが長生きにつながります

 

 

今日のBMJの研究者たちが、コーヒーを飲むことが、健康に有害な結果をもたらすことを発見しました。「コーヒーは体を害するよりも健康に有益である可能性が高い」と述べている。

彼らは、200以上の研究からの証拠を集め、コーヒーを3〜4杯飲むことは、死亡の危険性が低く、心臓病を発症するリスクが低いことを発見しました。コーヒー飲料はまた、いくつかの癌、糖尿病、肝臓疾患および認知症のリスクを低下させます。

しかし、彼らは妊娠中の利尿作用でカルシウムが体外に出やすくなるためコーヒーを飲むことは害になる関連する可能性があり、女性の骨折リスクが非常に低いことと関連している可能性があると言います。

コーヒーは、世界で最も一般的に消費される飲料の1つであり、健康へのプラスのメリットをもたらす可能性があります。しかし、既存の証拠は観察研究の質が低く、給付の証拠を強化するために無作為化比較試験が必要です。

エジンバラ大学の共同研究者であるサウサンプトン大学の公衆衛生担当専門官Robin Poole博士が率いるチームは、コーヒー消費が健康に及ぼす影響をよりよく理解するために、データを集計した201件の研究の傘レビューを行った観察研究から得られたデータをとり、全国の臨床試験のデータとすべての設定を集計しました。

コーヒーは、一貫して、すべての原因および心臓病による死亡リスクが低く、コーヒーを飲まない人と比較して、死亡の相対リスクが最も低下していました。

コーヒーはまた、前立腺、子宮内膜、皮膚および肝臓癌、ならびに2型糖尿病、胆石および痛風を含むいくつかの癌のリスクがより低いことと関連していました。肝臓の肝硬変などの肝臓病で最も大きな利益が見られました。

最後に、コーヒー消費とパーキンソン病、鬱病およびアルツハイマー病との有益な関連があるようでした。

参考文献

ロビン・プール、オリバー・J・ケネディ、ポール・ロデリック、ジョナサン・ア・ファローフィールド、ピーター・C・ヘイズ、ジュリー・パークス。コーヒーの消費と健康:複数の健康成果のメタアナリシスの傘レビューBMJ、2017; j5024 DOI:10.1136 / bmj.j5024

広告


カテゴリー:健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。