定期的な強度の運動が将来のうつ病を予防できる

 ブラックドッグ研究所(Black Dog Institute)が率いる画期的な研究では、定期的な強度の運動が将来のうつ病を予防できることが明らかになりました。

American Journal of Psychiatryに掲載されているように、少年でさえ、うつ病から保護することができ、年齢や性別にかかわらずメンタルヘルスのメリットが見られます。

その種類に関する最大の広範な研究では、11〜30歳以上の運動や症状のあるうつ病や不安のある33,908人のノルウェーの成人が含まれていました。

国際的な研究チームは、参加者が毎週1時間の身体活動に着手すれば、うつ病の症例の12%が予防される可能性があることを発見しました。

「運動はうつ病の症状を治療する役割を担っていることは以前からわかっていましたが、将来のうつ病のレベルを減らすという観点から、身体活動の予防可能性を定量化できたのは初めてのことです」 とUNSWのSamuel Harvey准教授は述べています。

比較的少量の運動(週1時間から)がうつ病に対して有意な防御をもたらすことが示されています。

 

参考文献

  1. サミュエルB.ハーベイ、サイモンØverland、ステファニーLハッチ、サイモンウェスリー、Arnstein Mykletun、マシューHotopf。練習とうつの予防:HUNTコホート研究の結果アメリカ精神医学雑誌
広告


カテゴリー:うつ病

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。