犬を飼うことは心臓病のリスクを低下させる

 

 

犬を飼うことは心臓病のリスクを低下させるのに役立つかもしれないと、スウェーデンの新しい研究で発見されています。

研究では、スウェーデンに住む40〜80歳の340万人以上の成人の心臓の健康状態を調べました。心血管疾患の危険性が低いため、より若い人が研究から除外された、と研究者らは述べています。

データは、スウェーデンの全人口の登録簿から収集され、18歳以上のすべてのスウェーデン市民および住民の誕生、移住、市民権の変化、家族および婚姻状況、死亡に関する情報が含まれています。具体的には、調査によると、2001年1月1日から12年間で収集されたデータに焦点を当てました。

研究者らは、ペットの人間の心臓の健康への影響をよりよく理解するために、同じ12年間に人口データを犬の所有記録と比較しました。(スウェーデンのすべての犬は、農業委員会に登録しなければなりません。)

全体として、この研究の結果は、犬の所有者が12歳の間に心血管疾患または他の原因、特に単独で暮らす人々のために死亡リスクが低いことを示しました。

ムバンガ氏は、「おそらく、犬が家族の一員として重要な家族の一員となっているかもしれない」と述べた。「単独の犬の所有者と比較して、単独の犬の所有者は、死亡リスクが33%、追跡調査中心血管疾患が11%低下していました。

さらに、研究者らは犬種を比較した。彼らの結果は、もともと狩猟のために飼育された犬、例えばテリア、レトリーバー犬、心血管疾患のリスクが低いことを示していました。

新しい発見は、犬が心臓血管疾患からヒトを守ることができるかどうか、また犬がどのようにして心血管疾患から守ることができるのかについては説明していないが、犬の所有者はより高いレベルの身体活動、幸福のレベルおよび社会的接触を有する傾向があります。犬を飼っている人は、自分の健康に影響を与える可能性のある人の微生物に見られる細菌のタイプを変える可能性もあるといいます。

 

広告


カテゴリー:健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。