栄養ドリンクを取りすぎで起きた悲劇

 

50歳の男性は、3週間にわたり定期的にエネルギードリンクを摂取した後、急性肝炎と呼ばれる症状を呈したという新たな報告があります。

急性肝炎や肝臓の炎症は、報告書によると、特定のビタミンを含む広範囲の薬物や栄養補助食品の消費によって引き起こされる可能性があります。

場合によっては、この状態が急性肝不全を引き起こす可能性があり、これは致命的です。

男性は救急室の医師に、腹痛、食欲不振、吐き気、嘔吐、病気などの症状を伴い、12週間にわたり病気になっていたと11月1日に雑誌BMJ症例報告がありました。

当初彼がインフルエンザを持っていると思っていました。

しかし、彼は暗い色の尿と黄疸を呈し、あるいは皮膚を黄変させて、その男性を治療した医者は報告書に書きました。医師チームは、フロリダ大学医学部の皮膚科医であるJennifer Harb博士です。

医者は、男性が投薬や薬物を使用していないことを知りました。しかし、男性は、過去3週間、1日に4〜5回のエネルギードリンクを飲んでいたことがわかりました。

身体検査中に、彼らはその男性の腹痛が彼の肝臓の近くにあることを発見した。黄疸は、肝臓はトラブルで、使い古した赤血球を破壊するその正常な機能を実行しているときに発生する肝障害の兆候です。

医師は血液検査や肝生検などの追加検査を実施し、急性肝炎を発症していることを明らかにしました。

患者はまた、異なるタイプの肝臓感染である慢性C型肝炎を有することが判明しました。

しかし、この男性の慢性肝炎感染は急性症状に関連しているとは考えていないといいます。

むしろ、エネルギードリンクは、特にビタミンB3の 1つの特定の成分であると思われました。

この男のエネルギードリンクには、40mgのビタミンB3が含まれていた。これは、毎日20mgを2回摂取することを勧められている。彼は1日に4〜5種類の飲み物を飲んでいたため、ビタミンB3の1日の総摂取量は160〜200mgだったと書いています

これまでの研究では、1日に500mg以上のビタミンB3を摂取すると、肝臓に毒性作用を及ぼす可能性があることが示唆されています。

この男性の症例は、エネルギードリンクや急性肝炎に関する医学文献で報告されている他の症例と多少類似していました。

 

 

 

広告


カテゴリー:健康, 奇妙なニュース

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。