最新の脳科学 運動が記憶に与える影響

高強度運動の健康上の利点は広く知られていますが、
McMaster大学の新しい研究では、記憶の改善という大きなメリットがあります。

痴呆症やアルツハイマー病などの致命的な疾患の問題が高まっている高齢化社会に影響を与える可能性があります。

科学者らは、6週間の激しい運動(20分間のインターバルトレーニングの短期間のトレーニング)が、例えば干渉性記憶として知られているものを大幅に改善したことを発見しました。

記憶の干渉とは記憶が他の記憶によって影響されることを指す。

研究は、Journal of Cognitive Neuroscienceに掲載されています。

この調査結果は重要なことです。

なぜなら、健康な若年成人であった研究参加者の記憶能力は、比較的短期間で増加した、と研究者らは述べています。

また、より大きなフィットネスをした参加者は、脳細胞の増殖、機能および生存を支持するタンパク質である脳由来神経栄養因子(BDNF)のより大きな増加を経験することも発見しました。

McMasterのキネシオロジー学科の助教授であり、この研究の主任著者でもあるJennifer Heiszは、「この種の運動による運動の改善は、有酸素運動とよりよい学業成績との間に以前に確立された関係を説明するのに役立つだろう。」と述べており、

「私たちの寿命の終わりには、高齢に達するにつれて、認知症などの病気によって記憶障害がもたらされるがこの発見は個人にさらに大きな利益をもたらすことが期待されるかもしれない」と続けました。

この研究のために、95名の参加者が6週間の運動訓練、運動と認知訓練の併用、または訓練を行いませんでした(いずれもしなかったり、座っていない対照群です)。

結果は、運動と認知訓練が認知を支えるために脳を変化させている可能性のあるメカニズムを明らかにし、高干渉性記憶を改善するために脳の相補的な経路を介して共に働くことを示唆しています。

参考文献
マクマスター大学が提供する資料。Michelle Donovanが作成したオリジナル。注:コンテンツはスタイルと長さのために編集することができます。

ジャーナルリファレンス:

Jennifer J. Heisz、Ilana B. Clark、Katija Bonin、Emily M. Paolucci、Bernadeta Michalski、Suzanna Becker、Margaret Fahnestock。身体運動および認知訓練が記憶および神経栄養因子に及ぼす影響。Journal of Cognitive Neuroscience、2017; 29(11):1895 DOI:10.1162 / jocn_a_01164

広告


カテゴリー:記憶力

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。