重度の飲酒が見た目に与える影響

重度の飲酒と喫煙は1年以上経過していると、目に見える身体の老化の兆候と関連しいると、Journal of Epidemiology&Community Healthにオンラインで発表された研究では示唆しています。

軽度から中等度の飲酒は、生物学的老化と関連していなかったことが明らかになりました。

 1976年に始まったこの研究は、1981年〜3年、1991年〜4年、2001年〜3年の平均11.5年間追跡されたコペンハーゲン市のデンマーク人で心臓研究の一環として心臓の健康状態や目に見える加齢の徴候がある20歳以上の11500人以上を対象にしています。

各診療所訪問の前に、参加者は自分のライフスタイルと一般的な健康状態について質問をし、どれくらい飲んだり、喫煙したかを述べました。

以前は心血管疾患の健康や死亡のリスクが高まっていたことから、老化の4つの徴候が確認されました。

耳たぶのしわ、両眼の角膜周辺部(弓状角膜)。まぶたの上に黄色 – オレンジ色のプラーク 男性型脱毛症がありました。

参加者の平均年齢は51歳で。平均アルコール消費量は、女性では週2.6回、男性では11.4回、女性の半分(57%)と男性の約3分の2(67%)が現在の喫煙者でした。

Arcus coneaeは、70歳以上の男性と80歳以上の女性の間で60%の罹患率で、男女間の老化の最も一般的な徴候でした。最も一般的な兆候は、50歳以上の男性と女性の間で5%の有病率40歳以上の患者の80%が罹患していました。

老化の目に見える兆候の発生は、軽度から中等度の飲酒者の間でも、非飲酒者であっても差がなかった、と分析されました。

男性型の脱毛は、飲酒や喫煙に一貫して関連していなかった可能性があります。なぜなら、遺伝子や循環する男性ホルモン(アンドロゲン)レベルの影響を強く受けているからです。

参考文献:

Anne L Schou et al。アルコール消費、喫煙および目に見える加齢関連徴候の発症:将来のコホート研究。Journal of Epidemiology&Community Health、2017年11月DOI:10.1136 / jech-2016-208568

広告


カテゴリー:健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。