PMS(月経前症候群)の発症リスクを抑える 栄養素



鉄分の豊富な食事を食べると報告した女性は、月経前症候群(PMS)を発症する可能性が30-40%低くなることがマサチューセッツ大学の公衆衛生学校健康科学とハーバード大学の研究でわかりました。

約3,000人のPMS女性のミネラル摂取を評価し、看護師の症例対照試験で評価しました。

研究中の女性は、10年間の研究期間にわたって3つの食物頻度アンケートを完了しました。10年後、1,057人の女性がPMSと診断され、1,968人がPMSから解放されました。研究者らは、カルシウム摂取量などを調整して、PMSと診断された女性が報告した過去の鉱物摂取量と月経症状がほとんどまたはまったくない女性の鉱物摂取量を比較しまいた。

非ヘム鉄を最も多く消費する女性は、主に植物食品やサプリメントに含まれる形態であり、最も少ない量の非ヘム鉄を消費する女性よりもPMS発症リスクが30〜40%低い、 ことがわかっています。

対照的に、最も多量のカリウムを摂取している女性がPMSと診断されるリスクが高いことがわかっていますが、亜鉛の摂取量が多いほどリスクが低いことがわかりました。

マグネシウム、銅、ナトリウムおよびマンガンを含む他の鉱物の摂取は、PMSリスクと関連していなかった、と著者らは指摘します。

 

参考文献

  1. ジョージアン・マンソン、スーザン・エイ・ハンキンソン、スーザン・R・ジョンソン、リサ・チャサン・テーバー、アレイン・G・ロンネンバーグ、キャロル・ビッグロー、エリザベス・R・バートン・ジョンソン等が挙げられる。選択された鉱物の摂取および月経前症候群のリスクアメリカ疫学誌、2013 DOI引用

ディアナチュラ ヘム鉄 With サポートビタミン2種 30粒

新品価格
¥538から
(2017/10/13 15:10時点)

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。