瞑想中の脳波の動き

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】


100319210631_1_540x360.jpg

 

オーストラリアのシドニー大学のJim Lagopoulos教授は、「ストレスを緩和し、健康を維持する手段として人気の瞑想の有効性を考え、脳の機能にどのように影響するか厳密な調査を行いました。

Lagopoulosは、非指向性瞑想中の電気的脳活動の変化に関するノルウェー科学技術大学の主任研究者である。

一定の脳波

精神的に活動しているか、休んでいるか、眠っているかに関わらず、脳はいつもある程度の電気的活動をします。

この研究では、EEG(脳波記録)を使用して電気的な脳波の周波数と位置を監視しました。

EEG電極を、カスタムメイドの帽子を用いて頭皮の標準的な位置に配置しました。

参加者は、ノルウェーで開発された非指向性の方法であるAcem Meditationの実務経験者でした。

彼らは休息し、目を閉じ、20分間、そしてさらに20分間、無作為に瞑想するように求められました。

低速から高速の電気脳波(デルタ、シータ、アルファ、ベータ)の位置は、脳活動の良い指標となります。

シータ波の計測

瞑想の間、シータ波は脳の前頭部と中部で最も豊富でした。

研究では、シータ波が深いリラクゼーションを示し、経験豊かな瞑想経験者でより頻繁に発生することが示されています。

「精神的な落ち着きを測定すると、これらの領域は脳の下部に伝わり、瞑想中に起こる身体的な弛緩反応を誘発します」

アルファの沈黙の経験

アルファ波は、瞑想中の単純な弛緩中よりも脳の後部においてより豊富であった。彼らはより深く脳が休息している時の特徴です。

“この波のタイプは、瞑想や他のタイプの休息中の弛緩の普遍的な徴候として使用されている”とNTNUの教授はこう述べた。

「アルファ波の量は、脳が意図的な、目標指向の仕事から解放されたときに増加します。これは深いリラクゼーションの兆候であるが、心が空であることを意味するものではありません。」

マリアF.メイソンとダートマスカレッジNHの共同研究者による神経イメージング研究は、脳の正常な休息状態は、感覚入力や意図的推論によって誘発されない思考、画像、記憶の静かな流れであることを示唆している。

要するに、心や脳に浮かぶ様々な情報を、そこに止めておかず流すというイメージが、脳を休息状態に導く上で非常に重要になってくるようです。

睡眠とは異なる

デルタ波は睡眠の特徴です。リラックスした瞑想は、デルタはほとんどなく、非指向性の瞑想と睡眠とは異なることが確認されました。

ベータ波は、脳が日付の計画や特定の問題について積極的に反映するなど、目標指向の作業に取り組んでいるときに発生します。

脳波は瞑想と休息の間にベータ波をほとんど示しませんでした。

 

Lagopoulos et al。非指向性瞑想中のシータおよびアルファ脳波活動の増加。代替医療および補完医学ジャーナル、2009年; 15(11):1187 DOI:10.1089 / acm.2009.0113引用

HEALING 広告

世界中に愛され動画配信サイトで1億回、20億分再生された不眠症、 自律神経正常化、憂鬱改善効果がある医師も認めたヒーリング音楽!HEALING STYLE BEST VOL.1,2アルバムを2枚リリース!

HEALING STYLE BEST VOL.1 [Explicit]

新品価格
¥900から
(2017/9/23 10:58時点)

広告


カテゴリー:ヒーリング, ヨガと瞑想

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。