座りっぱなしが招く病気とは?

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www16.a8.net/0.gif?a8mat=2TRHB1+4W8CM2+39EO+63WO2&quot; alt=""/

長時間座っていることは、肥満、糖尿病、心臓病と関連しており、現在、韓国の新しい研究によると、肝疾患のリスクを高める可能性があるという新たな証拠がある。

この研究では、毎日10時間以上座っている人は、1日5時間未満を過ごした人より非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)を発症するリスクが9%高かった。

「コンピュータに座ったり、テレビを見るなど、人々が座っている時間は、近年劇的に増えている」と江北(カンウォク)サムソン病院職業環境医学教授は語った。

研究では、研究者は身体活動と就寝時間を報告した139,000人以上の韓国人男性と女性を調べた。NAFLDは超音波を用いて確認された。

この調査によると、参加者の平均年齢は39.9歳であった。研究中の人々は、一般的に健康 – 若年および中年の男女であるため、他の健康問題がNALFDでの就寝時間と身体活動との関連性を説明することは考えにくい、とRyuは述べた。

現在、NALFD患者の治療が承認されていないため、生活習慣の変化がこの疾患を治療するための主要な手段であるとTrenellは書いている。一般的に、1週間あたりの中程度の運動の150分、または1日あたりの1万ステップは、身体活動の良い経験則と考えられている、と彼は書いている。

 

広告


カテゴリー:健康

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。