大学生の飲酒と就職率の関係




テルアビブ大学と応用心理学ジャーナルに掲載されたコーネル大学の研究によると、毎月6回程度の深酒は、大卒の就職率を10%下げるとしている。

これまでの研究では、アルコール摂取が初回雇用に与える正確な影響を判断することができませんでした。

頻度ではなく、関係するようです

この研究のデータは、コーネル、ワシントン大学、フロリダ大学、ミシガン大学から2014年、2015年、2016年に卒業した827人の個人によって提供された。

月に6回ほど大酒を飲んだ学生は就職率を10%に下げ、

月に4回飲んだ学生は同じ飲酒習慣をしていない学生に比べて就職率を4% 下げた。

バンベルガー教授は言う。アルコール中毒とアルコール乱用に関する国立研究所からの220万ドルの助成金を得て行われたこの研究は、アルコール乱用が大学間の移行にどのように影響するかに関する長期的な研究の最初の記事である。

</div

 

 

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。