子供の将来のうつ発症率を上げる化学物質とは?



BPAは一部のプラスチックの成分であり、食品容器、プラスチックの水ボトル、歯科用シーラント、および熱収縮紙に含まれています。

体内では、BPAは合成エストロゲンであり、「内分泌かく乱物質」として知られる化学物質の1つです。

Mailman公衆衛生学校のコロンビア児童環境保健センター(CCCEH)の新しい研究では、使用される一般的なBPAに胎児に曝された少年は、10〜12歳で不安とうつ病の症状を発症する可能性がより高いことがわかっています。結果はジャーナルEnvironmental Researchに掲載されています。

さらにフレデリカ・ペレラ、博士、DrPH、CCCEHのディレクター、率いるコロンビアの研究者たちも、BPAへの出生前に曝すことは年齢7-9の男の子の不安や抑うつの感情的反応性と攻撃的な行動、そしてそれ以上の症状と関連していたことを報告しました。

**こちらの記事も読まれています**

乳がんの原因にもなる何気なく摂取しているBPA

インスタントラーメンの本当の害

テストステロン減少や、不妊となる原因とは?

ストーリーソース:

コロンビア大学のMailman公衆衛生学校によって提供される資料引用

ジャーナルリファレンス:

10-12歳の都心の子供の不安とうつ病の症状。環境研究、2016年; 151:195 DOI:10.1016 / j.envres.2016.07.028 引用

TANANA ウォーターボトル 水筒 二重壁 密封 ストロー付き 直飲み BPAフリー プラスチック 500ml (ブルー)

新品価格
¥2,080から
(2017/10/2 01:38時点)

Geekgear フードラップ ラップ 耐熱 食品ラップ 再利用 自由に変形 FDA承認済BPAフリー ブルー 6枚セット

新品価格
¥1,180から
(2017/10/2 01:38時点)

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。