ファーストフードとうつの関係



 

 

Las Palmas de Gran Canaria大学とグラナダ大学の科学者が率いる最近の研究によると、市販の焼き菓子(ケーキ、クロワッサン、ドーナツ、菓子パンなど)とファーストフード(ハンバーガー、ホットドッグ、ピザ)を食べる人は、ほとんどまたはまったく食べない人と比較して、ファーストフードの消費者がうつ病を発症する可能性が51%高いことを示しました。

長期的な研究

市販の焼き菓子の消費に関しては、結果は同様に決定的である。カナリア諸島の大学の研究者が指摘しているように、「少量を食べてもうつ病が発症する可能性はかなり高い」と指摘しています。

この新しいデータは、PLoS Oneジャーナルに掲載され2011年のSUNプロジェクトの結果をサポートしています。このプロジェクトは、6ヶ月以上にわたって分析された12,059人のうち657人の新規うつ病患者を記録しました。

Sánchez-Villegasは、「より多くの研究が必要であるが、健康(肥満、心臓血管疾患)と精神的健康の両方にその意味合いがあるため、このタイプの食物の摂取を抑制すべきである」と結論づけている。

 

ストーリーソース:

Plataforma SINCによって提供される資料引用

ジャーナルリファレンス:

Jokin de Irala、Miguel Ruiz-Canela、Jorge Pla-Vidal、Miguel AMartínez-González引用

世界中に愛され動画配信サイトで1億回、20億分再生された不眠症、 自律神経正常化、憂鬱改善効果がある医師も認めたヒーリング音楽!HEALING STYLE BEST VOL.1,2アルバムを2枚リリース!

HEALING STYLE BEST VOL.1 [Explicit]

新品価格
¥900から
(2017/9/23 10:58時点)


 

広告


カテゴリー:ヒーリング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。