ドーパミンの正体①



 

 

フロリダ州保健大学の研究者は、ドーパミンが脳細胞の中にどのように輸送されるかのメカニズムを発見した。

この発見は、薬物依存症やパーキンソン病などの神経学的障害の治療につながる可能性がある。

UF医科大学の神経科学准教授であるHabibeh Khoshbouei、Pharm D.博士をはじめとする研究者らはNature Communicationsのジャーナルの最新版でその発見を報告していいます。

この発見は、ドーパミンが多くの脳関連機能に関与していることから重要である、とKhoshboueiは述べています。ドーパミンがが少なすぎると、震えや運動と調整の問題を引き起こす脳障害であるパー​​キンソン病を引き起こす可能性があります。常に高い濃度のドーパミンは、統合失調症および他の精神障害に関連する。コカインとメタンフェタミンはドーパミンの正常な輸送をニューロンに戻すことによって脳に影響を与えます。

ドーパミントランスポーターと呼ばれる特定のタンパク質がどのようにニューロンの出入りを制御するかを知ることは、ドーパミン関連疾患をさらに理解する上で重要である、とKhoshboueiは述べた。

ドーパミン輸送システムがどのように機能しているか知っていれば、壊れているか機能不良であるかを確認することができます。

研究者らの発見は、ドーパミンがどのように細胞膜を通過するのかをより広く理解することができます。研究者らは、マウスおよびヒト由来のドーパミンニューロンを用いて、ドーパミンの動きがニューロンの電気的特性の変化によって影響を受けることを見出しました。これは、ドーパミントランスポーターの機能を変化させます。

Khoshboueiは、ドーパミントランスポーターを、ドーパミンをニューロンに急速に引き戻すことによって脳が正常な化学バランスを維持するのを助ける、強力で効率的な「掃除機」に似ています。正常に機能する脳では、ドーパミンは、食べ物や性別などの快活な生活活動に応じてニューロンから放出されます。

「掃除機」が適切に機能すると、ドーパミンは最終的にドーパミン輸送体によってニューロンに掃き戻され、脳を刺激されていない状態に戻します。コカインやメタンフェタミンなどの薬物は、ニューロンが過剰なドーパミンを「吸い取る」ことを防ぐことによって脳を刺激し続けます。

適切に機能するドーパミンシステムは、運動、報酬および楽しい感情を制御します。

ドーパミン輸送系の不均衡は、神経学的および神経精神医学的疾患をもたらす。

ドーパミン輸送システムを理解することは、ドーパミンの不均衡に関連する薬物中毒または病気を治療する可能性があることへのもう一つのステップであるとKhoshboueiは述べました。

Ben D. Richardson、Kaustuv Saha、Danielle Krout、Elizabeth Cabrera、Bruce Felts、L. Keith Henry、Jarod Swant、Mu-Fa Zou、Amy Hauck Newman、Habibeh Khoshbouei。膜電位は、原形質膜でのドーパミン輸送体輸送の調節を形成する。Nature Communications、2016; 7:10423 DOI:10.1038 / ncomms10423より引用



人気ブログランキングへ 

広告


カテゴリー:ドーパミン, 脳科学

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。