「5人に1人の若者がソーシャルメディアで睡眠を失う」



今日発表され新たな研究によると、ソーシャルメディア上でメッセージを送信したり、チェックするために、夜に目を覚ます若者が多いようです。

ソーシャルメディア使用で学校で常に疲れを感じる確率が3倍高くなり、学生生活の精神的な充実に影響を与える可能性があります。

12歳から15歳の900人以上の生徒が募集され、ソーシャルメディアを使用するために夜間に目を覚ました回数と、就寝して目を覚ます時間に関するアンケートを行いました。

ほぼ毎晩ソーシャルメディアを使用して深夜に目を覚ました人、夜間使用していない同僚と比較して、学校で常に疲れていたと言う確率は約3倍でした。さらにソーシャルメディアを頻繁に使う学生は毎晩同じ時刻に起きると言います。

さらに学校で常に疲れていると言われた生徒は、平均して他の若者よりも学生生活の充実度があまりありませんでした。

調査結果は、若者のソーシャルメディアの夜間使用に関する懸念が高まるのを支持しています。

ストーリーソース:

Taylor&Francisによって提供される資料引用

ジャーナルリファレンス:

サリーパワー、クリステイラー、キムホートン。学校で眠れない?若者の就寝時の休息と日課の社会的側面。ジャーナル・オブ・ユース・スタディーズ、2017; 1 DOI:10.1080 / 13676261.2016.1273522

ScienceDaily。ScienceDaily、2017年1月16日。引用

**こちらの記事も読まれています**

2017年米国の若者に人気のソーシャルメディア

心理学者が語るSNSに隠れたネガティブな心理心理学者が語るSNSに隠れたネガティブな心理

うつ病の人に特徴的なインスタのアップ画像




 

 

 

広告


カテゴリー:ヒーリング

1件の返信

トラックバック

  1. ソシャルメディアを多用すると社会的隔離感を感じる – HEALING STYLE

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。