ヨガが線維筋痛症の症状を軽減させる



オレゴン保健科学大学で実施された新しい研究によると、ヨガの練習には、慢性的な広範囲の痛みを特徴とする医学的障害である線維筋痛と戦う力があるかもしれないということがわかりました。

この研究は2016年11月10日のオンライン版「Pain」に掲載されています。

以前の研究では、線維筋痛症の最良な治療法は、薬物療法、運動療法および対処技術の開発を組み合わせることと示唆しています。

この研究では、以前に線維筋痛症と診断された53人の女性被験者を研究者が参加させた。女性は無作為に2つの研究グループに割り当てられた。

最初のグループは、優しいポーズ、瞑想、呼吸運動、グループディスカッションなど、8週間のヨガプログラムに参加しました。女性対照の第2グループは、線維筋痛症に対する標準的な薬物治療を受けました。

ヨガプログラムが完了した後、研究者はアンケートと物理的テストを用いて各試験対象を評価した。結果は、2つのグループのデータを比較すると、ヨガは、痛み、疲労、こわばり、睡眠不足、うつ病、記憶力の乏しさ、不安、バランスの悪さなど、数多くの重篤な線維筋痛症候群の治療に役立つようです。

これらの改善はすべて、統計的にだけでなく臨床的にも有意であることが示されました。つまり、日々の機能に実用的な影響を与えるのに十分な効果でした。例えば、ヨガグループで平均24%、疲労が30%、うつが42%軽減されました。

「この試験療法の明らかな成功の理由の1つは、試験被験者の強い意欲であったこと。クラスでの出席は、ほとんどの参加者が自宅でヨガを練習する意欲が高かった」とカーソン氏は付け加えました。

この研究の結果として、そしてカーソンの以前の研究では、がんに関連する痛みに役立つことが示されていますが、2017年6月には、OHSU麻酔科医学科が米国とカナダのヨガ教師のためのトレーニングコースをスポンサーしています。

線維筋痛症について

線維筋痛症は、主に筋肉の痛みおよび疲労によって特徴付けられる症候群である。それは睡眠の問題、疲労および心理的ストレスを引き起こす可能性があります。

他の症状には、

朝のこわばり
四肢のうずきやしびれ
頭痛

時に、痛いを通りこした痛みを伴うことがあり、痛さで意識を失ったり息もできなくなるようです。さらに内臓が押し出されるかのように嘔吐を繰り返します。

 

線維筋痛は1,100万〜1,500万人のアメリカ人に影響を及ぼします。これらの患者の年間医療費は200億ドルと推定されています。線維筋痛の原因は現在のところ不明であるが、遺伝学的および身体的/情緒的ストレスが原因である可能性が考えられています。

この研究は、オレゴン州保健科学大学医学研究財団の助成金と、線維筋痛情報基金(Fibromyalgia Information Foundation)が提供した資料によって支えられました。

ストーリーソース:
オレゴン健康科学大学が提供する資料引用
ジャーナルリファレンス:
James W. Carson、Kimberly M. Carson、Kim D. Jones、Robert M. Bennett、Cheryl L. Wright、Scott D. Mist。引用

 



広告


カテゴリー:ヒーリング, ヨガと瞑想

タグ:, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。