子供の睡眠とオメガ3脂肪酸の研究

 




オックスフォード大学による無作為化プラセボ対照試験では、藻類や海産物に含まれる長鎖脂肪酸の一群であるオメガ3 DHA濃度が高いほど、より良い睡眠が得られることが示されています。

研究者らは、毎日600mgの藻類供給源の16週間が362人の子供の睡眠を改善するかどうか調査しました。

当初、両親は子どもの睡眠アンケートに回答し、この調査の子供のうち4人が通常の睡眠障害に苦しんでいることが明らかになりました。睡眠不足と評価された子供のうち、43名に手首センサーを取り付け、5泊以上のベッドでの動きをモニターした。

この研究では、オメガ3の毎日の補給コースの子供は、トウモロコシまたはダイズのプラセボを服用している子供と比較して、1時間あたり約1時間(58分)の睡眠および夜間の脳の覚醒が7回少ないことが示された。

調査結果は、Journal of Sleep Researchに掲載されています。


広告


カテゴリー:オメガ3, 栄養素

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。