ヨガがDNAに与える好影響

 


 

 

瞑想、ヨガ、太極拳などの心身の介入(MBI)は単に私たちをリラックスさせるだけではありません。Coventry and Radboudの大学の研究によれば、病気やうつ病の原因となるDNAの分子反応を「逆転」させることができます。

この研究は、Frontiers in Immunologyのジャーナルに掲載されており、マインドフル・ヨガを含む様々なMBIによって、我々の遺伝子の行動がどのように影響を受けるかを分析した10年間の研究を概説しています。

大学の専門家は、MBIの結果として体に起こる分子変化のパターンと、その変化がどのように精神的に有益であるかを明らかにする研究(10年間で846名の参加者)をまとめました。

研究者はヨガや瞑想などによって遺伝子がどのような影響を受けるかに焦点を当てました。

言い換えれば、遺伝子が活性化し、身体、脳、および免疫系の生物学的構成に影響を及ぼすタンパク質を産生する方法です。

人がストレスの多い出来事にさらされると、交感神経系(SNS)が誘発され、核因子と呼ばれる分子の産生が増加します。

細胞レベルで炎症を引き起こすサイトカインと呼ばれるタンパク質を産生する遺伝子を活性化することによってストレスを分解します。

それは体の中に備わる自然な反応であるが、持続すると癌のリスクが高まり、老化およびうつ病のような精神障害が含まれます。

しかし、この研究によれば、MBIを実施する人々は、反対の効果、すなわち、炎症誘発性遺伝子サイトカインの産生の低下を示すことが明らかになっています。

今日の社会では、ストレスがたまり、炎症誘発性のサイトカイン分泌が持続し、したがって精神医学的問題を引き起こす可能性が高くなります。

コベントリー大学の心理学者研究員Ivana Buricは次のように述べています。

「世界中の何百万人もの人々が、ヨガや瞑想などの心身の介入の健康上の利点をすでに享受していますが、おそらくそれらがもたらす利益は分子レベルで始まり、これらの活動は、私たちの細胞に分子シグネチャーと呼ばれるものを残しており、ストレスや不安が体内でどのように発現するかを変えることで、その効果を逆転させています。私たちを幸福に導きます。運動や栄養などの他の健康的介入とどのように比較するかなど、これらの影響をより深く理解するためにはもっと多くの研究を行う必要がありますが、将来的に未解明部分がさらに明らかになりますます普及するだろう」と述べました。

ストーリーソース:

ユベントリ大学が提供する資料を引用


ジャーナルリファレンス

  1. Ivana Buric、Miguel Farias、Jonathan Jong、Christopher Mee、Inti A. Brazil引用

 



広告


カテゴリー:ヒーリング, ヨガと瞑想

タグ:, , , , , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。