ビタミンD欠乏と偏頭痛の関係

 

 


 

 

 

ビタミンD欠乏症は、慢性的な頭痛のリスクを増加させる可能性があると、東フィンランド大学の新しい研究によると、調査結果はScientific Reportsに掲載されました。

 KIHDのクオピオ虚血性心疾患リスクファクター研究では、1984-1989年に42歳から60歳の男性約2,600人に血清ビタミンD値と頭痛の発生を分析しました。

これらの男性の68%において、血清ビタミンD値は50nmol / l以下であり、これは一般にビタミンD欠乏の閾値と考えられてます。少なくとも週に1回発生する慢性頭痛は250人の男性によって報告され、慢性頭痛を訴える男性は他よりも血清ビタミンD値が低いことがわかっています。

研究集団が血清ビタミンDレベルに基づいて4つのグループに分けられたとき、最も低いレベルを有するグループは、最も高いレベルを有するグループと比較して、慢性頭痛の2倍のリスクとなりました。慢性頭痛は、6月から9月ま以外の月に頻繁に報告さていることがわかっています。夏場は太陽からのUVB放射線のおかげで、平均血清ビタミンD値は高くなります。

フィンランドや赤道から遠い他の国では、夏の間に太陽からのUVB放射線がビタミンDの十分な供給源ですが、夏の季節以外は、ビタミンDを食物やビタミンから確実に得る必要があります。

 

広告


カテゴリー:頭痛

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。