世界最大医療用のドローンが 始動

 

世界最大のドローン配達ネットワークは、2018年1月にタンザニアで開始される予定です。

ナイロビよりも大きい経済で、妊婦やマラリアに苦しむ子供たちの命を救うために、ドローンたちは薬と血液を運ぶ予定です。

カリフォルニア州のジップラインは、東アフリカの各国で、ワクチン、血液、マラリアとエイズのための薬物を含む1000以上の医療機関に、毎日2,000件の配達を行うことを発表しました。

現在、Ziplineはルワンダの比較的小さなプロジェクトの成功に大きく乗っています。

タンザニアの人々はこの動きを嘆いています。多くの人々は、この国で必要な血液型や薬学的援助が利用できないため、長年にわたって親愛なる人を失ってしまっています。

マラリアはタンザニアで死亡の大きな原因となっています。

5歳未満の子供は、マラリア誘発性貧血の場合には、しばしば輸血を必要とします。希少な血液型で頻繁に発生する供給不能は、致命的な結果につながる可能性があります。

タンザニアはナイジェリアよりもはるかに大きく、英国の4倍の規模であり、貧困に苦しんでいる経済が5,000を超える診療所を維持し、特に遠隔地や田園地帯で物資を管理することは本当に困難です。

無人機は、道路輸送よりも速く、時速100kmの速度で飛行することができます。小さなパッケージは、生分解性パラシュートを利用して空から投げ落とされます。

児童配達後の大量の出血による致命的な運命に遭った数多くの女性の命も救うことができ、政府に期待しています。

広告


カテゴリー:ドローン

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。