古い日焼け止めは、効果があるのか?

 

あなたが次に海に行くときには、あなたの日焼け止めがまだ有効かどうかを忘れないでください。

日焼け止めは牛乳やレストランの残り物よりは長持ちするかもしれませんが、別に有効期限があると専門家は言いました。

スイス北西部の応用科学大学(University of Applied Sciences Northwestern)の製薬技術教授であるゲオルギオス・イマニディスさん(Georgios Imanidis)は、言いました。

日焼け止めが涼しく乾燥した場所、例えばクローゼットに保管されている場合、それは何年も効果続くかもしれないし、おそらく5~10年も続くことがある、しかし、ほとんどの日焼け止め販売メーカーは、製品が最適な状態で保存されている限り、日焼け止めは3年間有効であると言います。

しかし、人々はしばしばビーチで日焼け止めを日光に当てたり、屋外で暑くなった車に入れたり、バックに入れたりします。日焼け止めが高温になると、その成分はより早く分解され、通常よりも早く期限を迎え、おそらく半年から1年で効果がなくなると、専門家は言います。

日焼け止めには、酸化亜鉛や二酸化チタンなどの無機化合物が含まれています。

これは、さもなければ皮膚に浸透する紫外線(UV)を吸収または反射して日焼けを防止します。

しかし、日焼け止めにはローションに香料を与え、簡単に適用できる成分が含まれていると、クリーブランドのケースウェスタンリザーブ大学の高分子分子科学工学科教授であるRigoberto Advinculaは述べています。これらの成分には、天然油およびアロエベラ、ならびに乳化剤、(油および水が単一の物質に混合するのを助ける物質)の添加物が含まれいます。

分解する最初の成分は通常乳化剤であるとAdvincula氏は述べています。この成分がなければ、水と油が分離し。分離した状態だと日焼け止めの効果はなくなります。

この問題を避けるためには、日焼け止めをしっかりとふってから使用してくださいと言います。

さらに日焼け止めがダメになる(または熱や湿気が多すぎる)と、他の成分が分解して相互作用し、日差しの性質を失うことになります。

サンプロテクションファクター(SPF)が55の日焼け止め剤は、劣化すると40または30 SPFの日焼け止め剤に老化する可能性があるとイマニディス氏は述べています。

SPF数は、日焼けしないで日中にどれくらい長く滞在できるかを表します。

通常10分間で日焼けした場合、SPF 30では30倍、300分(5時間)の滞在が可能です。

有効期限が切れた日焼け止め(効果が低い)を使用し、一般的に日焼け止めの効果を十分に発揮されない場合があるので古いものは約2〜3時間ごとに頻繁に再塗布することをお勧めします。

 

広告


カテゴリー:美容

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。